笑い味の日々

カテゴリ:食の記 【カフェ】( 7 )




東京カフェめぐり 北参道ブックカフェ "Bibliotheque"

こんばんは、笑い味です001.gif

high speed updateは続きます。

先日皇居へ行った日、お気に入りのカフェでランチをして
ティータイムにこんなブックカフェへ行ってきました。

Bibliotheque (ビブリオテック)
b0199199_22155574.jpg

ここは、看板にある cafe & books の名の通り、デザイン事務所 スーパースタジオさんの
6000冊にも及ぶ蔵書が一般公開されていて、コーヒー片手にゆっくりと閲覧できる
図書室のようなスペースなのです。

店名の「Bibliotheque」も、フランス語で「図書室」を意味するそうです。

b0199199_22201586.jpg

外観

そして中へ入るとこんな感じで、アートな本がたくさん並んでいます。
b0199199_22234732.png


1ドリンクオーダーでの入室となるので、
ワンコインでコーヒー、紅茶、ブラッドオレンジジュースより選んでオーダーします。
笑い味と友人は ↓ この「シチリアの赤いオレンジ」のコピーに惹かれ、ブラッドオレンジをチョイス!
b0199199_22254731.jpg


b0199199_22271261.jpg

ちいさなビスケットもついてきて
(イタリアで見た、薄くチョコクリームが塗ってあるビスケットサンドに似てた)
ひんやり冷えた、トマトジュースばりに濃厚なオレンジジュースをゆっくり頂きながら、数時間。
読書に勤しみました。
アートな読書にうってつけな草間彌生さんのカボチャのペーパーウェイトもあり。

b0199199_22304685.jpg

ヨーロッパ建築、曼荼羅の図録、マグリット画集、蜷川実花図録、、etc
私たちの興味を惹きつけて止まない蔵書の数々。
脇のスペースでは、市川亀治郎氏の写真が飾られた特設コーナーもありました。

とても寒かったこの日、早めにお暇したのですが
がっつり気負っていけば1日過ごせるであろう、隠れ家ブックカフェでした^^

最寄はメトロ副都心線 北参道駅(徒歩3~5分程)
私たちは青山~表参道~原宿を抜けて歩いたので軽く30分弱はかかったと思いますが
良い運動になりました^^

初めて歩きましたが、歩くだけでもハイカルチャーな雰囲気漂う北参道の街並み
b0199199_22354353.jpg

b0199199_22362730.jpg

段々にデザインされた味のある集合住宅の数々は
パリのアパルトマンさながらで、オシャレ感が溢れてました。

極めつけは駅近のこれ
b0199199_22383215.jpg

funny face! って、おいコラ(笑)

勝手に東京のパリと名づけたいこの街

all pics by Olympus Pen E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-03-13 22:39 | 食の記 【カフェ】

東京カフェめぐり 渋谷 x Norwegian cafe ”FUGLEN"

先日、ここ数ヶ月気になっていたこんなお店へいってきました。

FUGLEN TOKYO 

b0199199_23543073.jpg

「鳥」のロゴがかわいいこのお店は北欧ノルウェー発のカフェなんです!
b0199199_235548100.jpg

店名の「FUGLEN」(フグレンと読むそうです)はノルウェー語で鳥を意味するそうです。

公式HPによると、「世界最高品質のコーヒーが飲めるコーヒー王国」オスロの
人気コーヒー店の、海外初進出のお店がここ、東京店なんだそうです。

代々木公園と渋谷のNHKの裏手程にあり、
原宿駅、渋谷駅、代々木公園駅(←最寄)より徒歩圏内
ごみごみせずお散歩しやすい界隈の、大通りから脇に入るところにあり
決して山手線の駅近ではありませんが、そんな閑静な雰囲気が良い立地にあります。

店内は、全体的にオレンジ色のあたたかい灯りに、ヴィンテージの家具や食器が所狭しと置かれ
そしてそれが商品然とせず、とても生活感があって、
ノルウェーの森のログハウスにお邪魔しているような感覚を覚えました。
雑誌もたくさん置かれていて、まさにゆっくりできる空間でした。
b0199199_075760.jpg


b0199199_0154987.png

店内に入るとすぐ正面のカウンターで注文。気さくなお兄さんが対応してくれました。

b0199199_017217.jpg

側面の壁にあるメニューを見ながら

b0199199_017443.jpg

本日のおすすめのコーヒーメニューも見ながら決めます。

昼はカフェ、夜はバータイムなので、コーヒー・アルコールから選べるのですが
笑い味はせっかくだからとコーヒーを・・・
Today's Aeropress の Hunkute(ヒュンクテ) ¥500 :
 ジャスミン、レモン、ベルガモットの酸味に、アプリコットを思わせる甘い終わり  のメモに惹かれてオーダー

なんとアップでコーヒーを撮るのを忘れてしまったのですが
普通のサイズのマグカップにたっぷりのコーヒー。
柑橘系の香りが鼻いっぱいに広がり、まったり、さっぱりと美味しくいただけました001.gif
こんなフレーバー、なかなか日本で出会えないと思うので、さすがノルウェーのカフェ!と感動。

時間が無く数十分の滞在だったのですが、今度行くときはサイドメニューの
ノルウェーサーモンのサンドイッチ なんかも一緒につまみたいなぁ~001.gif

お菓子もたくさんありました。
b0199199_02333100.jpg


ちゃんと撮れませんでしたが、店内には入口にふかふかのソファ席
真ん中に私たちの座った4人がけの丸テーブル、カウンター席と、
広い窓一面に沿って広がる一人席が何席もあり、こじんまりとしたお店ながらキャパはありました。
b0199199_0271185.png

カウンター席の店員さんとお客さん、外国語で会話が弾んでました001.gif

北欧にトリップした気分が味わえる FUGLEN TOKYO、おすすめです063.gif


by Olympus Pen E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-03-13 00:28 | 食の記 【カフェ】

福岡カフェめぐり CAT & FISH

こんばんは

今は神奈川県民ですが

何を隠そう大学卒業までの人生を福岡で過ごした福岡県人の笑い味です。

年末からの帰省で、福岡の友人たちに久々に会って参りました。

夕方からの大名ぶらぶら店探し

大名とは、東京で言えば
裏原宿みたいな? 中目黒みたいな? 代官山みたいな?
繁華街(天神)を奥に入った路地に広がる、そんなオシャレな街で

昔は古着を着た大学生や専門生が多く若いイメージでしたが

先日歩いた時は、夕方だったからか、もっと大人も居られる感じになってました。

みんなでふらっと入ったのは cafe CAT & FISH

昔からあったっけ?あったとしたらかなりの見過ごしやん・・・・ っていうかわいい外観

b0199199_1334525.jpg


ジブリの、ハウルとかアリエッティとかにでてきそうな洋風のレトロなおうち
b0199199_1344856.jpg


店内も、暗めの間接照明にでっかい木の4~5掛けのテーブルにがっつり腰をおろす感じで
b0199199_141730.jpg

ひたすらまったりできました。 (カウンターはカップルがたくさん♪)

ランチは別で食べたため、デザートを注文したのですが
b0199199_1363422.jpg

かなりボリューミー! 
↑ これはフルーツのクレープ包み 
(アイスの甘味とグレープフルーツの酸味とがうまく混ざって、
 甘めの生地でふんわり or ひたひたにして頂けて、美味!)

セットのラテ(もそこそこ大きいマグなのに) と並べるとこの大きさ
b0199199_1374638.jpg


「ケーキセット」って言うと、あの鋭角利いた小ぶりの三角形のケーキを連想しますが
がっつり手のひらでやっと覆うくらいのサイズ感。
もう満腹!

ちなみに、友人のオーダーしたガトーショコラも食べさせてもらいましたが
これまたボリューミーかつ濃厚!そしてトッピングが贅沢!
b0199199_1432356.jpg


しかも、笑い味は↑ のヘーゼルナッツラテでしたが
5人それぞれに違うラテアートが施してありました。
b0199199_1401866.jpg

↑ みんなの一番人気だったクマさん笑

ラテの種類も豊富で、選ぶだけでワクワク。

帰るたびに新しい発見のある福岡。
このお店が前からあったのかなかったのかわからんけど、(見覚えあるような無いような・・・)
もし昔あったとしても「今はその時では無い」と、お子様の笑い味のレーダーにかからなかったのでしょう。
「今がその時」ってよく耳にしますが、その時々で自分に合う物や惹かれる物って変わりますし
それが成長につながっていくんでしょうね。

今度はここにランチに行きたいなぁ~^^


all pics by PEN E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-01-23 01:48 | 食の記 【カフェ】

東京カフェめぐり 代々木 金魚カフェ x Fireking cafe

こんばんは、笑い味です。

先日、本来の趣旨は代々木上原のモスク 東京ジャーミー へ行くことでしたが

その界隈 代々木のカフェを少しめぐってきたので今回はカフェに関して綴ります。

JR代々木駅から徒歩1~2分の小さな通りを入るとあるのは、

友人の勧めや本に載っていたことから以前から気になっていた「金魚カフェ」

b0199199_0313745.jpg

金魚の置物がガラスケースに一杯のテラス側

b0199199_0324250.jpg

かわいい看板

b0199199_0331374.jpg

レトロな外装

b0199199_0334228.jpg

中に入ると、こんな感じで革張りのふかふかしたソファがたくさんで、落ち着ける席

ランチタイムはお財布に嬉しい コーヒー・紅茶お替り自由 + ランチメニュー の選択

笑い味は、表の看板↑ から気になっていた看板メニューの 「伝説の白いカレー」を注文
b0199199_0355346.jpg

ホワイトソースべースのカレーだそうで。
シチューっぽいのかな?と思いきやちゃんとピリッとカレーのスパイスの味がして、不思議なお味でした。
ブラウンカレーよりも濃厚な感じがしました。冬はお腹あったまりますね^^

友人の注文したホワイトソースのスープも美味しかったです^^
b0199199_037337.jpg


店内は壁面を週替わりの貸しギャラリーとなっていて、
この日もシンプルな色使いの女性の絵が飾ってありました。

b0199199_0451021.jpg

金魚君もいた

シンプルな佇まいの中の革張りソファ、フリードリンク、絵画、金魚・・・ 
とにかく落ち着くカフェでした。


そして、そこから歩いて小田急南新宿駅→小田急で代々木上原へ。

2時間弱かけて東京ジャーミーを見学した後(後日たんまりとUPしたく思います)
友人が「そういえば駅近に落ち着けそうなカフェがあったね」と一言。

全くノーマークでしたが、代々木上原の駅高架沿いにあるカフェに暖を取りに入りました。

b0199199_049299.jpg

店内に入ると、都会な感じのシンプルな内装。
カウンター一面にはモスグリーンのやわらかいグラスで有名な 「Fireking」のグラスが並べてありました。

Fireking大好きな友人と、テンション上がりながらケーキセット(アップルパイ)をオーダーすると
b0199199_0521295.jpg

食器はどれもFireking製品でした!丸っこくてかわいい!
アップルパイもざくざくの食感が美味しい!
こちらも貸しギャラリーとなっていたり、結婚式の二次会などパーティー会場としても使われたりと
美味しくて食器もかわいいだけでなくマルチで活躍されてそうなお店で・・・

予期せず出合った素敵カフェにほころびながら、出掛けに「一応お店の名前みておこうか」と扉を見ると

b0199199_055972.jpg

b0199199_0552897.jpg

その名はまさに 「Firekingcafe」 でした!(笑)

ネットとか見てみると、ファンが訪れるお店らしい。。。
奇しくも友人の誕生日祝いも兼ねてケーキを食べたのですが、
それが友人の好きな食器メーカーをメインにしたお店だったとは・・

何を隠そうFirekingの存在をおしえてくれたのは彼女だったのですが
彼女はFirekingにインスピレーションを受けてこんな素敵な絵を描いてしまうくらいのファン。
不思議~^^


056.gifやっぱり街歩きって楽しいですね^^

代々木、また散策したいなぁ~003.gif


all pics by Olympus Pen E-PL1s



↑ ちなみに、後日気づきましたが 「金魚カフェ」、今フジTVでやってるドラマ
「最高の離婚」に外観・名前で登場してました。笑
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-01-21 01:06 | 食の記 【カフェ】

東京カフェめぐり 念願のカナルカフェ + 久方ぶりの谷根千

こんばんは、笑い味です001.gif

今日は関東いきたいとこリスト筆頭群であった

神楽坂のカナルカフェへいって参りました。

上京する前、倉本聡さんのドラマの舞台となり

その素敵な雰囲気にずっと行きたかったカフェでした。
b0199199_331414.jpg


神楽坂の江戸外堀跡の水上に建てられたここでは、

デッキサイドか(全面川沿いのカウンター席)
b0199199_3323979.jpg


屋内のレストランサイドか選択するのですが

寒いかな?てことで、レストランサイドを選び

その中でも屋根と囲いのある川沿いの席を選びました。

ところが予想に反してのぽかぽか陽気で

屋外のデッキサイドでもあったかくすごせるであろう本日でした。

元は東京水上倶楽部がボート場としてオープンしていた場所なので、今もボートも借りることができ

この日もカップルが漕いでいました。(彼女が全力で漕ぎ、彼が見守る、というカップルでした)

b0199199_3562791.jpg

水面に反射し眩しすぎるほどの陽光

b0199199_358221.jpg

レストランサイドにも、こんな囲いのない屋外のテラス席もあります。
(ややこしいけど、冒頭で選択していたデッキサイドは奥に小さく見える桟橋みたいなところ)

こんなベストビューの中、お食事は

パン、スープ、ドリンク、サラダを取り放題のブッフェに

メインを選べるランチセットと、アラカルトメニューがあります。

笑い味は迷わずブッフェ付きのセットを。
b0199199_425275.jpg

今日のスープは具材ゴロゴロのクラムチャウダーでした056.gif

メインは生シラス、山エノキ、レタスのスパゲティ
b0199199_45285.jpg

b0199199_452966.jpg

ニンニクの香りと、しなっとおいしく絡まった3つの具材とがとてもあって

おいしくいただけました!

なかなかの混み具合でしたが、(外があたたかい季節はもっと多いらしい)

ランチは予約できないので、早めの来店がよいかと思いました。

都心のランチの相場の倍くらい(¥1800)のお値段でしたが

この空間にはそれだけの価値があると思いました。

神楽坂は、和と洋とが混ざる上品で不思議な空間で

訪れるたびに魅力を感じてはいましたが

これまで年に一度くるかどうかってくらいでした。

この東京にいる内に夜もきてみたいなぁ(^^)
b0199199_4133736.jpg


<余談>

ちなみにこの後はせっかく近くに来てるってことで

先日「東京蚤の市」で記した「ツバメブックス」のドイツ展@根津を見てきました。

かわいらしい数坪のお店に、ドイツ語の絵本や東ドイツの(オーナーの方曰くさびれた感じが味な)グッズが

並んでいました。人形作家さんの展示なども随時されているそう。

せっかくが続きますが、せっかく谷根千エリアにきたので、谷中までてくてく歩き

江戸時代から続く手刷りの千代紙で知られる「いせ辰」さん本店にも行ってきました。

数年ぶりにきましたが、昔ながらの懐かしい柄の千代紙に癒されお買いもの。

年の瀬ということもあり、年賀状関連グッズや古きよきポチ袋も潤沢に置いてありました。

千代紙も、季節柄秋~冬にかけての柄が多く、もみじから梅、桜までがありました。

季節感のある千代紙でブックカバーを作り、読書を楽しみたいと思います^^


思いつきで長々と書きましたが、お読みいただきありがとうございました^^
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-12-09 04:13 | 食の記 【カフェ】

東京カフェめぐり 三菱一号館美術館 cafe1894

こんばんは、笑い味です^^

今週は、週末は福岡から友人が訪ねてきてくれて

週日は大阪から友人が訪ねてきてくれて

数々の観光地や食を巡ってきました003.gif

今はみんなが帰ってしまい寂しいけど、追々ブログにUPしながら

記憶を辿って思い出に浸ろうと思います003.gif

今回は、11月初旬に箱根、スカイツリー、東京駅、浅草を周った旅で立ち寄った


「三菱一号館美術館」


b0199199_2393322.jpg


2010年にできたこの美術館、そのレンガ造りに以前から気になっていました。

ぶらりと思いつきで立ち寄ったので、あいにくこの日(月曜)は休館日だったのですが002.gif

美術館の入口のある中庭側ではなく、通りに面した小さな扉だけは開いていたので

飛び込んでみました。

そこは 「cafe 1894」

b0199199_23101624.jpg

中庭ほど目立たない、控えめな(よく言えば上品な)入口

b0199199_23115985.jpg

明治期の銀行を忠実に再現した建物

高い天井から陽の光が贅沢に差し込む、渋い空間

ちょうどランチタイムでした
b0199199_23153718.jpg

前菜:左からトマトのサラダ、柿/レーズン+酸味のあるソース、かぼちゃポタージュとかぼちゃチップ
かわいいミニサイズで、お上品さが漂う

b0199199_23191064.jpg

メイン:ビーフシチューをチョイス
じっくり煮込まれた芽キャベツと小たまねぎで、濃い色の見た目からは意外な甘みのある味
こちらもやや小ぶりのお皿に入っていて、バゲットと少しずつ丁寧に頂きます。

b0199199_23212065.jpg

もう一つのメイン:カボチャ風味のリゾット 同行者が頼んでいた物をパチリ

大きな窓からは街路樹もみえ、木漏れ日が差し込む穏やかな空間でゆっくりと。

b0199199_23235466.jpg


b0199199_2324327.jpg

デザート:とっても濃厚なガトーショコラと

b0199199_23252588.jpg

渋いコーヒーで至福

b0199199_2326038.jpg

美術館だけあってロゴもかわいい。これは伝票

大食いの笑い味はもう少し量があると尚良いように思いましたが、

全体的に大人な味で空間と相俟ってとても落ち着けました。

店員の方曰く、その時の展示にかけたメニューを提供されているようで

言われてみるとシャルダン展のフルーツいっぱいの絵とガトーショコラのベリーが
似ているような気がしました。

裏口と美術館、資料館が通路でつながっていて行き来できるので

b0199199_23312789.jpg


歴史資料室で、丸の内の建築物の変遷や、企画展示「丸の内・近代ビジネスマンのくらし展」

をみてきました^^

丸の内、レンガ→高層ビル→レンガ一つもなくなる→ここ一号館・ブリックスクエアにレンガが復元される

という感じでレンガの建物は長い間無かったんですね。。><

東京駅の復元然りですが、古い物に目を向けたり、古民家がリノベーションで生かされたり

そんな世の中になったからこそこの場があるんだなぁ。。

原点回帰のような思いを持ちながら cafe 1894 を後にしました。

ぱっと見笑い味の生まれ年(恥ずかしいっっ)と同じ数字なのでドキッとする1894

また一号館美術館リベンジする時に、ふっとお茶しにいってみよ~^^


b0199199_23372566.jpg

箱根関所もそうだったけど、なんか「復元」つながりだな。笑
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-30 23:38 | 食の記 【カフェ】

Rhythm

残業明けの月曜夜の満員電車

感じるのは

週末帰省していた福岡との時の流れの差

福岡では、時がゆったりしていた気がする

かつてイギリス留学から福岡に帰った時は

逆に更にゆったりとしたイギリスと福岡との差に驚いたのだけれど…012.gif


帰省した時父に言われた言葉

辛いときはふーっと息を吐いて、深呼吸してみる

今日は電車に乗る前に試してみた。

都会のリズムに慣れすぎず

自分のたち位置にマイペースにいたい。

とはいいつつ、笑い味が気になるマナー違反

駅の改札出てすぐ立ち止まって電工掲示板を見上げること
(改札出口付近で止まったら後ろが改札に挟まるから大変迷惑)


だけには至らない程度に

ラッシュ時には急ぎ足にならざるを得ないんですがね…


福岡では、3日という短い間だけど

気がかりだったシリーズを実行できたのでスッキリ!

また追々綴ります

さらに、待望の(?)新コーナー『世界のムダ』も始まりますんで

乞うご期待♪

b0199199_165981.jpg

By Dramapic 友人と福岡の国体道路脇でふらり見つけた manu coffee
エスプレッソ+ミルク+チョコ=モグワイ というメニュー

グレムリンもびっくりなお味にまったりくつろげます
[PR]



by flavor-of-laugh | 2011-09-27 01:12 | 食の記 【カフェ】

「旅」と「写真」と「食」が好き=極一般的女子 笑い味 が「変」を求めて日々暮らす記
by flavor-of-laugh
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ニューデリー
旅行口コミ情報







◆ランキングに参加しています
笑い味の元気の源に、クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

◆お気に入りンク
ポパイカメラ
albus写真ラボ
本の町
丸の内カフェ
JICA地球ひろば
世界のCMフェスティバル
OLYMPUS
カメラ日和
KITSH KITCHEN
visit Liverpool
eightups

◆笑い味の日々 頻出用語
〇片付け武将
:片付け不精な人(鍋奉行的なプラスの意では無い)
片付けを始める前の意気込みとして反対に片付けに精を出す人という意で使われる場合も有り
〇ひとりラーメン女子
:ひとりでラーメン屋の暖簾をくぐり、臆すること無く恥じること無く、声高らかにオーダーして食する女子
〇SHAKE状態
:明日は休みだ、仕事もない と某アイドルグループの名曲になぞらえて休日前夜に気分を高揚させる様

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧