笑い味の日々

カテゴリ:食の記 【アフタヌーンティー】( 1 )




アフタヌーンティー x パークハイアット東京

こんばんは、週明けより笑い味です001.gif

実は、柄でもありませんが

半年~年に1度 ホテルやサロンでアフタヌーンティーを楽しむのが

社会人になってここ数年の楽しみ?趣味?の一つとなっており

表立ってブログに書くことはありませんでしたが、友人と 「勝手に☆付け」 なぞやっていました。

そして、先日大阪から遊びにきた友人と学生時代の友人で集い、久々に行って参りました・・・

パークハイアット東京 @新宿

新宿から徒歩15分ほど、無料のシャトルバスで10分弱のこのホテル

都心という好立地に種類豊富な紅茶・メニュー ・・・ と

アフタヌーンティー好きとしてはレビューの高さに前々から気になっている場所でした。

都庁からすぐ近くにあるパークビルからエレベーターで一気に41階の ピークラウンジ へ

b0199199_22251093.jpg

陽光が全面に降り注ぐ贅沢なガラス張りのラウンジ

アフタヌーンティーは14時~で、私たちは14時~の予約でしたが

ランチを済ませた後の有閑マダムたちがまだ優雅にお喋りされていました。

このラウンジ、さすがの41階、目の前には同じ目線の高さに都庁
b0199199_22283336.jpg


そして、さえぎる高層建築が他に無い故、スカイツリー、東京タワーも見えました001.gif
b0199199_22305347.jpg

↑ 右よりにスカイツリーがぼんやり写っています

b0199199_22323854.jpg

↑ こちらも右よりの建物の影に東京タワーが写っています

周りの景色に圧倒されながらメニューを見て注文

まずは紅茶。

メニュー数ページ分の圧倒的な種類の茶葉は、自由に交換できる、という嬉しいサービスでした。

b0199199_2241660.jpg

そわそわしながら

b0199199_22422635.jpg

最初にオーダーした紅茶はオリジナルハーブティーの: EXHALE (菩提樹の花、カモミール、レモングラス)
b0199199_22432321.jpg


すっと鼻に抜ける爽快感とほんのりとした甘味に心穏やかに。菩提樹が甘いのかな?

そして、フードはワンプレートにまとめてでてくるスタイルか、ティースタンドにでてくるスタイルがあり

アフタヌーンティーと言ったらこれっしょ!?の勢いでティースタンド↓ を選択
b0199199_22475430.jpg


このティースタンドをゆっくりゆっくり丁寧に食しながら、紅茶を頂きます。

b0199199_22485074.jpg

1段目:フィンガーサンドウィッチ 
左から 
 パルマハムとマスタード モンテリージャックチーズ
 パンプキンサラダとクルミ ミックスハーブ
 スモークサーモンとバターレタス 赤玉葱 アボカドディップ

マスタードでピリっと、パンプキンでほんのり甘く、サーモンの塩っ気でシャキっと三者三様秋の味覚。
特に一番右の緑のスモークサーモンのサンドはたまらなく美味しかったです。

b0199199_22531582.jpg

b0199199_22552756.jpg

2段目:グリーンレーズンとプレーン 2種のスコーン
 グリーンレーズンを食べ終えた頃合いで、焼きたてのプレーンをサーブしてもらえました。
 クロテッドクリームとストロベリージャムもふんだんに塗っちゃえます。
 奥のマカロンの小ささと比べると、いかにその量がこんもりか分かります。

b0199199_22571858.jpg

3段目: 
 月ヶ瀬 秋積み 紅茶のマカロン
 洋梨のムース
 ラズベリータルト

写真で見ると少しの量ですが、

美味しい紅茶を頂きながら、小さな芸術作品のごときひとつまみのフードを丁寧に食べると

不思議と満腹感がある物です。

しかし!ここからがここ パークハイアットのお勧めポイント

なんとフィンガーフード(カナッペ)、スイーツのお替りに廻ってきてもらえるのです。

そして、「好きな物を好きなだけ」選んでよいという嬉しいサービスなのです。

(通常多くのアフタヌーンティーは、デザートバイキングとは違うのでスタンドでサーブされる分だけを頂きます。)
b0199199_236083.jpg

この小ささ!かわいい~>< ↑ カナッペ

b0199199_2384936.jpg

サーモン?のムースがサーモンで巻いてある

b0199199_2310849.jpg

さっぱり味のキッシュ

カプレーゼなど、それまでスイーツで甘くなった舌を塩っけがさっぱりさせてくれました。

b0199199_23121429.jpg

ティーポット分飲んで、二つ目の紅茶 アールグレイだったと思いますが・・・ 英国の風~

スイーツのお替りも何巡も廻ってきてもらえました。
b0199199_23142840.jpg

栗のパウンドケーキ、ベリーのマシュマロなど、こちらも甘いながらもほろ苦かったりな秋風味、どれも美味!

ガールズトークも弾みながら、これまでのアフタヌーンティーで食べたことの無いくらいの

4~5皿/巡 を4~5巡分ほどはお替りし、(・・・ってことは・・・20皿・・・? 計算するだけでも怖い量038.gif037.gif)、もう満腹

茶葉も何度か替えていただき、ハーブティー2つ、アールグレイ、と3種類の紅茶を飲んだところでカフェラテを頼んでみると
b0199199_2319061.jpg


アフタヌーン「ティー」でティー以外を頼むのは邪道かな?と思いきや

ぎょっとするほど美味しいカフェラテでした。

そうこうしていると、16:30頃・・・ 
b0199199_232138100.jpg

ラウンジも夕陽に包まれ始め

b0199199_23225435.jpg

段々と日没へ

b0199199_23233757.jpg

富士山側の席は昼過ぎはまぶしすぎてブラインドを下ろされていましたが、夕刻はこの眺望

b0199199_23252489.jpg

目の前にここより高い建物は無く、富士と夕陽が目の前。

三脚 x 一眼で撮影をするおじ様・おば様方ご一行と知り合い、

「この角度から、-1.7~-2.0で撮りなさい」 など親切に色々とご指導を頂いたのですが

聞けば大分から撮影旅行に来られ、ここからの絶景を目当てに東京での宿をここにしていらしたんだとか。

確かに、三方+天井がガラス張りで、

一面には富士+夕陽
b0199199_23294160.jpg


一面には 夕陽がガラスに反射する新宿都庁
b0199199_23301162.jpg


一面には月とスカイツリー
b0199199_23404750.jpg


日没後は眼下に広がる新宿・都心の夜景
b0199199_23472958.jpg


b0199199_23485391.jpg

都庁も夜の顔に様変わり

b0199199_23512362.jpg

右に東京タワー、左にスカイツリー

b0199199_23521332.jpg

おじ様方はがっつり望遠でも撮ってらした 月 x スカイツリー

b0199199_2353533.jpg

都会にオアシスを見つけた気分でした。


では、勝手に☆付け  項目は数年前から友人と決めているものです。


072.gifアクセス  ★★★★☆ 新宿自体は便利な立地ですが、新宿駅から地下鉄を乗り継ぐか無料バスに乗るかという所が少し不便

072.gif眺望    ★★★★★ これまで行ったアフタヌーンティーの中で一番綺麗。全面ガラス張りの面ごとに見所がある。空中で夕景夜景を独占できる

072.gif量     ★★★★★ お替りシステムで満腹。夜も要らない程

072.gifメニュー、味  ★★★★★ どれも美味。もっと季節感のある物やメニュー名があるとスペシャル感があってよい

072.gif値段  ★★★★☆ サービス込みで¥4200位。¥3500~4500相場の中、茶葉を換えられお替りもできるシステムでこのお値段はお得。
飲んだ紅茶は大体1ポット¥1400。それを数回お替りしました。
¥4000以内に収まるともっと嬉しい。

072.gifホスピタリティー ★★★☆☆ シティホテルだからか手際・効率が良かったのですがチャキチャキ注いで下さる感じが少し落ち着かなくもありました。マンダリンホテルやシャングリラホテルの仏のような笑顔の接客に比べると、という感じ。
(私たちが写真ばっかり撮ってうざかったからかな。笑)

072.gif化粧室、内装 ★★★★☆ デザイン性の高い化粧室、オリエンタルな装飾・アートの多い館内は楽しかったけれど、化粧室の扉がもう少し分かりやすいければ尚〇





笑い味的には値段だけ見ると高っっ!と思うこのアフタヌーンティーですが

ろくに食べられない職場の飲み会に行くのと比べれば勉強になるよ、という先輩のアドバイスに妙に納得してから行くようになりました。

たまには、飲み会を、洋服を、何かを少し我慢して、

少しだけオシャレをして、少し背筋をしゃんとさせ、ゆっくり良い物を頂く こんな贅沢もいいものです。


<余談>

アフタヌーンティー、いざ wikiってみると
社交の場、「会話内容にも知識・教養が求められる」 という表記があり、ひとり笑ってしまいました。笑
知識・教養というよりもとても人に聞かせられるような内容ではなかった「ザ・女子会」 な会話を繰り広げる私たちでした。028.gif




めっちゃ長くなってしまいましたが・・・・・お読みいただきありがとうございました003.gif


all pics by PEN E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-12-11 00:11 | 食の記 【アフタヌーンティー】

「旅」と「写真」と「食」が好き=極一般的女子 笑い味 が「変」を求めて日々暮らす記
by flavor-of-laugh
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ニューデリー
旅行口コミ情報







◆ランキングに参加しています
笑い味の元気の源に、クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

◆お気に入りンク
ポパイカメラ
albus写真ラボ
本の町
丸の内カフェ
JICA地球ひろば
世界のCMフェスティバル
OLYMPUS
カメラ日和
KITSH KITCHEN
visit Liverpool
eightups

◆笑い味の日々 頻出用語
〇片付け武将
:片付け不精な人(鍋奉行的なプラスの意では無い)
片付けを始める前の意気込みとして反対に片付けに精を出す人という意で使われる場合も有り
〇ひとりラーメン女子
:ひとりでラーメン屋の暖簾をくぐり、臆すること無く恥じること無く、声高らかにオーダーして食する女子
〇SHAKE状態
:明日は休みだ、仕事もない と某アイドルグループの名曲になぞらえて休日前夜に気分を高揚させる様

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧