笑い味の日々

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧




東京カフェめぐり 三菱一号館美術館 cafe1894

こんばんは、笑い味です^^

今週は、週末は福岡から友人が訪ねてきてくれて

週日は大阪から友人が訪ねてきてくれて

数々の観光地や食を巡ってきました003.gif

今はみんなが帰ってしまい寂しいけど、追々ブログにUPしながら

記憶を辿って思い出に浸ろうと思います003.gif

今回は、11月初旬に箱根、スカイツリー、東京駅、浅草を周った旅で立ち寄った


「三菱一号館美術館」


b0199199_2393322.jpg


2010年にできたこの美術館、そのレンガ造りに以前から気になっていました。

ぶらりと思いつきで立ち寄ったので、あいにくこの日(月曜)は休館日だったのですが002.gif

美術館の入口のある中庭側ではなく、通りに面した小さな扉だけは開いていたので

飛び込んでみました。

そこは 「cafe 1894」

b0199199_23101624.jpg

中庭ほど目立たない、控えめな(よく言えば上品な)入口

b0199199_23115985.jpg

明治期の銀行を忠実に再現した建物

高い天井から陽の光が贅沢に差し込む、渋い空間

ちょうどランチタイムでした
b0199199_23153718.jpg

前菜:左からトマトのサラダ、柿/レーズン+酸味のあるソース、かぼちゃポタージュとかぼちゃチップ
かわいいミニサイズで、お上品さが漂う

b0199199_23191064.jpg

メイン:ビーフシチューをチョイス
じっくり煮込まれた芽キャベツと小たまねぎで、濃い色の見た目からは意外な甘みのある味
こちらもやや小ぶりのお皿に入っていて、バゲットと少しずつ丁寧に頂きます。

b0199199_23212065.jpg

もう一つのメイン:カボチャ風味のリゾット 同行者が頼んでいた物をパチリ

大きな窓からは街路樹もみえ、木漏れ日が差し込む穏やかな空間でゆっくりと。

b0199199_23235466.jpg


b0199199_2324327.jpg

デザート:とっても濃厚なガトーショコラと

b0199199_23252588.jpg

渋いコーヒーで至福

b0199199_2326038.jpg

美術館だけあってロゴもかわいい。これは伝票

大食いの笑い味はもう少し量があると尚良いように思いましたが、

全体的に大人な味で空間と相俟ってとても落ち着けました。

店員の方曰く、その時の展示にかけたメニューを提供されているようで

言われてみるとシャルダン展のフルーツいっぱいの絵とガトーショコラのベリーが
似ているような気がしました。

裏口と美術館、資料館が通路でつながっていて行き来できるので

b0199199_23312789.jpg


歴史資料室で、丸の内の建築物の変遷や、企画展示「丸の内・近代ビジネスマンのくらし展」

をみてきました^^

丸の内、レンガ→高層ビル→レンガ一つもなくなる→ここ一号館・ブリックスクエアにレンガが復元される

という感じでレンガの建物は長い間無かったんですね。。><

東京駅の復元然りですが、古い物に目を向けたり、古民家がリノベーションで生かされたり

そんな世の中になったからこそこの場があるんだなぁ。。

原点回帰のような思いを持ちながら cafe 1894 を後にしました。

ぱっと見笑い味の生まれ年(恥ずかしいっっ)と同じ数字なのでドキッとする1894

また一号館美術館リベンジする時に、ふっとお茶しにいってみよ~^^


b0199199_23372566.jpg

箱根関所もそうだったけど、なんか「復元」つながりだな。笑
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-30 23:38 | 食の記 【カフェ】

初めてのスカイツリー

こんばんは、笑い味です001.gif

祝日なのに、暇かいって突っ込みが飛びそうですが

本日は夜中に続き二度目の更新。

最近 「関東のいいとこ再発見」 の旅を毎日しているところなので

どんどんアップしていきたい今日この頃。

「まだ旅の途中」的な、歌詞に出てきそうなフレーズしかり、笑い味も毎日が旅だと思っています。

さて、先日、初めて5月に完成したスカイツリーに登ってきました

日曜午後、予約無しで行ったので、登れるとは思っていませんでしたが

東京駅から20分間隔で出ているシャトルバス(¥500)に乗って所要30分でスカイツリータウンへ

電車でも行けますが、歩くのがしんどい時など(駅構内を歩くだけでもけっこう距離ありますもんね)
このバスおすすめです。

ちなみに、復元ほやほやの東京駅丸の内駅舎も撮影
b0199199_22214416.jpg


b0199199_22221493.jpg

今回の復元後のレンガと、復元前のレンガ。レンガの間にある白い縁取りは独特な技術を再現されたらしい。

b0199199_2224151.jpg

休日、すごい人でした!

そしてスカイツリー
b0199199_2226030.jpg

634mは真下から見ると果てしない高さ。

曇り空に小雨という、コンディションとしては△な日でしたが、それでももちろんすぐには入れず
b0199199_22274836.jpg


13時に行きましたが、16:00~16:30にチケット購入+入場が出来るので

その時間に戻ってきてね、の整理券を配布され、一度場を離れることに。。整理券は
すぐもらえます。
b0199199_22433584.jpg


というわけで、予期せず今日中に登れる+3時間空く という事態になったので

そのまま5分足らずで着く浅草駅へ。

b0199199_2230080.jpg

吾妻橋から見るスカイツリー。ここまできてやっと全貌が見える。

それにしてもアサヒビールのあのモニュメントのほうが目立ってる感あり・・・

でも、あそこに並んでも遠近感分からなくなるほどの高さはやはりすごいな。
手前のビルと引けをとらない高さ。

浅草寺へいくと仲見世通りは紅葉のデコレーション。粋だね!
b0199199_22335236.jpg


b0199199_22345193.jpg

カボチャの揚げ饅頭頂きました^^

スカイツリー効果か、以前きた時の倍くらい人がいた気がする・・
b0199199_22362273.jpg

b0199199_2236507.jpg


お参りしたり、お線香の煙にあたったり、ご朱印をいただいたり

帰り道に脇の商店街にある明治28年創業の老舗のお蕎麦屋「満留賀(まるか)」さんでお蕎麦を頂いたり
b0199199_22392833.jpg

(山菜そば。お出汁の味が染みる)

そんなこんなであっと言う間に3時間経過。スカイツリータウンでももちろん待ち時間は潰せると思いますが
近くにこんな名所もあるので待ち時間なんてあって無いものかも^^

16時から並び、そこから30分くらい並んでチケットを購入して、17時前には天望デッキへ
b0199199_22442652.jpg

江戸切子をイメージした通路に

b0199199_22451087.jpg

エレベーターで、あっと言う間に地上350mへ。

b0199199_22475043.jpg

もやってるけど、先ほどモニュメントやら撮っていた吾妻橋とその近辺の高層ビルが右上に分かる。
天気がよかったら、丁度夕焼け小焼けも見えるんだろうけど
まぁプラス思考に考えると、もやもやの中に明かりがともりはじめ、神秘的~

そして、そこから1~2分カウンターに並んで、そこからさらに人数制限される最高フロア「天望回廊」へ

こんな回廊を一周するのですが、
b0199199_22562476.jpg


その途中に、451.2mの最高地点(ソラカラポイント)があります
b0199199_23164120.jpg


b0199199_2252549.jpg

もはや、飛行機がとびだったあとだんだん空上に上がり旋回する

あの光景と同じ。

今までの建造物の〇〇から見た、とは比較できない高さ。
b0199199_22544778.jpg

真ん中に赤く浮かぶのが、東京タワーだからビックリ。

六本木の森ビルや東京タワーみたいに、高層ビル群の中にある訳ではないので

夜景も少し落ち着いた印象。古きよき江戸側を見る感じ。

b0199199_22584312.jpg

なんかもう、景色が映画とか絵みたいな感じで実際にある物ではなく「人事」な感じ。

揺れはそれほどは感じませんでしたが、陸の孤島というか空の孤島というか

400mの空にこうしていることに不思議を感じました。

その後、展望デッキのカフェでお茶をしてお土産を買って降りましたが

なんだかんだ2時間ほどは居て、満喫できました^^

この日は、東京五輪招致のキャンペーンで、スカイツリーがオリンピックカラーに染まる日でした。
(なんかオリンピックと縁があるかも・・)
b0199199_2321982.jpg

b0199199_232361.jpg

b0199199_233399.jpg


もっと遠くから撮りたかったけど、雨が強かったので断念。

いまはクリスマスツリーとかけたクリスマスイルミネーションが灯ってるみたいですね♪

東京駅~スカイツリー(入場料は高いけど・・)、今東京に来てぜひ見ていただきたい観光地です。


all pics by Olympus Pen E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-23 23:05 | 旅の記 【国内】

静かな湖畔の森の影から④ ~箱根いろいろ~

こんばんは、夜更かしが過ぎる笑い味です001.gif

どうぶつの森にいまさらながらはまってしまっていかんですね・・・

眼精疲労の身をいたわらんかい!と我が身につっこみいれてしまいますが・・・

先日まで箱根の海賊船関所ホテルと綴ってきましたが

今日はそんな風にカテゴライズされない諸々達を。

笑い味色の強い日記になることをご了承ください。


芦ノ湖畔には箱根駅伝を記念する  があり、そこにも立ち寄りました。「駅伝ミュージアム」

歴代の名ランナー、優勝大学などが詳しい年表、写真、映像、地図で

しっかりと残されていて、正月の家族の楽しみである 「箱根駅伝」 の

歴史の深さを改めて感じました。

こんなゆるい温泉地が、正月には毎年激闘の地となるんやね。
b0199199_2483443.jpg


だって、こんなにゆるかとです。

↓ 近くの喫茶店
b0199199_2493355.jpg


↓ カラフルな港
b0199199_2531356.jpg

b0199199_35357.jpg


↓ 対岸の桃源台のアヒルちゃんたち(これは昨年2011年11月中旬に撮影)
b0199199_2561967.jpg


↓ 見てはいかんもん見てしまったかな・・・ シュールな光景(2011年11月中旬に撮影)
b0199199_257965.jpg


↓ ナウシカ?もののけ姫? とにかくそんな世界観のすすき草原@仙石原 (2011年11月中旬に撮影)
b0199199_259413.jpg

b0199199_351893.jpg


以上、統一感はありませんが、私の心に残った箱根色々でした ↑

関東に越してきて云年になるけど、箱根は二度しか行った事がなく

美術館群や大涌谷近辺にはいってないので、今度はそちらにも行けるといいなぁ~^^

ちなみに余談ですが、もののけ姫のロケ地は屋久島、石見銀山、白神山地などが
主だったと思いますが、調べていたら

もののけ姫の舞台が2013年春ロンドンであるっていう情報にけっこうあたりました。笑

すごいなぁ、あんな壮大な世界を舞台で・・さすが演劇の国・・・

海外でも広まるジブリ人気も、さすがです。



では、明日より(もう今日だ)みなさまよいお休みをお過ごしください^^

出勤もあり3連休とはいかない切ない笑い味(切ない味)がおとどけしました~058.gif

all pics by PEN E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-23 03:06 | 旅の記 【国内】

静かな湖畔の森の影から③ ~箱根の美食~

こんばんは

けっこう長々と1日記書き終えて、アップで固まってしまった

という1年ぶりくらいのショックな事態に見舞われた笑い味です007.gif

あまりにショックで、ここ1時間ほどどうぶつの森へ現実逃避しておりました。


さて、気を取り直して・・・

今夜の晩餐は昨夜のクラムチャウダーをリメイクしたドリア

カレー然りですが、2日目のリメイクはドリア率が高い笑い味ですが

今回は食つながりで、箱根の「美食に関して^^




箱根の晩餐は、芦ノ湖畔「箱根ホテル」のレストラン「イル・ミラジィオ」でいただきました。

b0199199_0595484.jpg


笑い味には珍しく、フレンチのコースです

至極庶民的な味覚でフレンチには全く精通しない笑い味ですが

そんな私の素朴なリポートをお届けします。

056.gif箱根ビール
b0199199_0512758.jpg

軽くて飲みやすかったけど、残念ながら市販されていないんだとか
ホテル内でいただけます

056.gifアミューズ・ブーシュ
b0199199_0521491.jpg

ワカサギパスタを揚げた物。
パスタを釣竿に見立て、「ワカサギを釣ってあげてくださいね」スタッフの粋なアドバイス
残念ながら魚の顔を食べられない笑い味は諸手を挙げてぼりぼりとは
食べられなかったのですが、香ばしくておいしくて、そして楽しい一品でした

056.gifずわい蟹のレムラード レモンクリームソース
b0199199_0524858.jpg

ずわい蟹のほぐし身の上にラディッシュみたいなスライスが敷き詰められて
そのほどよいしゃきしゃき感を酸味のあるソースがさらにピシっと〆る感じ。
まわりのかわいいドットはホウレン草って言われた気がする
この苦味と酸味が合って美味


056.gif秋のコンソメスープ
b0199199_0532044.jpg

黄金色に輝くスープに、銀杏、エノキなどキノコのが入って秋の香りが漂う
まさに「輝く」スープに、秋の贅沢を頂いた気持ちに浸れた


056.gif甘鯛のうろこ焼 白身魚と小海老のクネル

揚げた海老を殻ごと食べることがあるけど、あの食感
カラッと焼かれたうろこ付きの鯛を、そのまま「シャカシャカ」いただく
同行者は食べにくいって言ってたけど、海老の殻よりはやわらかいしよく言えばそれを楽しむ感じかな。
海の幸オシャレ盛り!って感じやったのに、写真撮ってなかった・・残念・・・

写真を忘れるくらい、ワイン、パンと合わせてゆったり食べ進めます。

056.gif和牛フィレ 柚子胡椒添え ジャンボ・マッシュルームとともに
b0199199_0553437.jpg

クリスマスツリーの絵みたい
小ぶりだけど肉厚なフィレステーキ。外はカリカリ、中ジューシーなそこに
柚子胡椒を加えることで程よいピリっとさで重い肉もさらっと食べられる
初めてみたけどこぶし大の「ジャンボ・マッシュルーム」も美味!
シイタケ以上のでかさにエリンギに近い食感で、味はマッシュルーム
マッシュルーム好きには新たな秋の楽しみ!?を発見した感じでした。
ジューシーですし。

一緒に行った同行者とはイギリスを一緒に旅したこともあるのですが
ロンドンのB&B(ベッド&ブレックファストという英国式民宿のような宿)の
イングリッシュブレックファストを思い出すね、と話していました。

そういえば、イギリスはイングリッシュブレックファストでやたら
でっかいマッシュルームやソーセージや豆を食べていました。

うーん、柚子とマッシュルーム 和洋の融合ですね。


056.gif柿のピュレとソルベ、ヨーグルトムース
b0199199_0565750.jpg

柿の大人な甘さが伝わるソルベ
秋ってモンブランや甘栗みたいなコテコテの甘さを持つ栗だけじゃなくて
こっちのずーんとくる渋い甘味=もあったな、と和のフルーツを忘れるでない
と認識させてくれるスイーツでした。


見た目もとても素敵で、和の食材をフランス料理にされていて
NHKアサイチのイタリアンシェフが鯖料理とかに四苦八苦されながら
アレンジされているのを思い出しました。
和の食材が生かされていて、を感じられる、素敵なコースでした^^
と、薀蓄は何も語れませんが一庶民のつたない感想でした003.gif




マナーはどうやらどんなワインがいいやらやなにやらで気を遣うイメージのあるフレンチですが

あまり目先のルールに縛られず、目の前の旬の食材を自分の感性で楽しむ

本来はそんなことが大切なんでしょうね。

笑い味もそんな余裕が出るくらい慣れてみたいもんです。

箱根ホテルは、伝統のカレーやコンソメスープ、そして趣深い建物で知られる「富士屋ホテル」系列なので、朝・昼のブッフェラインにもカレーが並んでいてそちらも美味でした。

朝から昼からレストランは人でごった返していました。

海賊船港関所跡駅伝ミュージアム から徒歩数分という好アクセス

小田原駅からの送迎バスも無料、と利点も多く、

温泉、というよりはホテルステイ自体をゆったり楽しむ派の方にはお勧めできるホテルでした^^♪


夜、レストランの向かいに見えるウエディングのガゼボ
b0199199_104729.jpg

猫ちゃんがめっちゃ人馴れしてた
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-21 00:41 | 食の記

静かな湖畔の森の影から② ~箱根関所跡~

こんばんは、笑い味です001.gif

毎日とはゆきませんが

頻繁な更新、有言実行せねばと意気込む夜です。

今晩は、先日の箱根旅の続き ~箱根関所跡~

箱根に泊まった翌朝、箱根ホテルから数十メートルの近さにある 箱根関所跡 にふらっと行って来ました!

そっか、ここって日本史で習った「入り鉄砲と出女」を厳しく取り締まる関所があったとこなんや。

温泉と富士山鑑賞にかまけて忘れてしまっていましたが、ここは教科書レベルの歴史的名所でもありました。

箱根関所跡地は今、江戸時代の様式・建物を忠実に再現した観光地の一つとなっていました。

b0199199_23571439.jpg

↑ 右に見えるのが外から見た関所の様子

b0199199_23581641.jpg

↑ なんだか雰囲気醸す土産物屋

b0199199_23593382.jpg

↑ 京口御門をくぐって番所でチケット(手形)を見せ中へ入ります

b0199199_004263.jpg

↑ ピンと張る黒塗りの厳粛な雰囲気

b0199199_019128.jpg


b0199199_014099.jpg

↑ 厩とか

b0199199_021287.jpg

↑ 土間とか

b0199199_033530.jpg

↑ 手形をチェックするお役人さんとか

b0199199_041942.jpg

↑ 武器とか(弓経験者としてはそそられる画)

b0199199_0342421.jpg

↑ 前の記事でも書いた多数来られる外国人観光客の方にも優しいつくり



ガイドさんによると総工費約30億円なんだとか!ひょえ~~~044.gif

石の壁をノミで丁寧に手仕事で削って積んでいく様子から映像で見て、

笑い味の筆にかかるとざっくりですが、それはそれは色々と細かく再現されていたり

奥には修学旅行生たちもわんさか来るような資料館があり、文書や鎧兜や当時の学術資料が展示されていたりと、かなりお勉強になるようなすごい所なのですが

中でも一番の笑い味的ハイライトはここ

b0199199_065230.jpg

↑ こんな石段を登り詰めた高台にある

b0199199_073987.jpg

遠見番所

ぜぇぜぇ息堰切って登ったのですが

b0199199_085882.jpg

関所と芦ノ湖、そして富士を一望できる絶景スポットでした^^

b0199199_0103376.jpg

こんな物見の番の人まで再現されとーし、芸細かっ

江戸の番人さんも、この景色を見てたんやって思ったら不思議な感じ。

木造建築が伝わった日本では、1000年とか平気で経っているような石造建築の多い西洋に比べて

「変わらない景色」って少ないだろうなって思うことがあり、比べると寂しく感じることもあるので

こんな(人工的であっても)昔と変わらない景色がそこにあるってなんだか嬉しいな。


関所と資料館の間には御茶屋さんが
b0199199_012409.jpg

関所越えした昔の人もこうやって休んだのかなぁ。。

b0199199_0163231.jpg
b0199199_0164769.jpg

おでんが江戸からあるのかそんなことはさて置き、食欲そそられるわぁ~

b0199199_01867.jpg

キャンディっていう和洋折衷なとこがまたミソですね^^

そして資料館への道すがらまた富士ビュー
b0199199_0201271.jpg

静かな湖畔の森の影からの一枚・・・

資料館は写真NGだったので画像なしですが、とにかく小学生の団体が多くて

小学生の時吉野ヶ里遺跡に遠足で行ったのを思い出しました。

都心に近いところにあって、温泉地でありつつ史跡でもあって

日本が誇るランドマークを、何百年も変わらないその姿を、

昔の人もこうやって見てたんだ~と

南方先生さながらに想いを馳せることのできる

ナイスな観光地でした003.gif
b0199199_0251080.jpg


一味違った渋めの箱根を楽しめますよ^^

all pics by PEN E-PL1s


なんか女子感のあまり無い日記になってしまった・・・笑
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-16 00:32 | 旅の記 【国内】

静かな湖畔の森の影から① ~紅葉の芦ノ湖と海賊船~

こんばんは、笑い味です

体調を崩したりなんだりでご無沙汰しておりましたが

ここ最近関東の観光スポットを巡ったり

うまいもん食したりずっと行きたかった場所へ行ったりと

心にのこることが多かったので

以前より頻度高めに更新していきます001.gif

この週末は5日間ほど職場を離れ、関東(おもに東京・神奈川)観光

勤しんでおりました。

まずは紅葉の始まった箱根・芦ノ湖畔

箱根といえば、の観光地大涌谷や美術館群には行かず

芦ノ湖畔を中心にゆったり時を過ごすことに重きを置く旅でした

11月初旬の紅葉は、高い所や陽のあたる所は進んでいましたが、全体としては6~7割くらいって感じだったかな。

b0199199_231632.jpg


b0199199_2313539.jpg


b0199199_232618.jpg


芦ノ湖畔の宿へ到着後、海賊船で、箱根町港から対岸の桃源台(所要30分)間を往復しました。

箱根町港界隈に、少し↑ くらい紅葉した木がありましたが、全体的にはまだ茶色部分も多し

b0199199_2362432.jpg


でも、個人的には真っ赤に色づくよりグラデーションががってたりまばらになってたりて色合いも好きなので満足しました

海賊船、初めて乗りましたが平日でもぎゅうぎゅうづめでやっと乗れるほどだったから

休日はすごく並ぶんだろうなぁ、、

一度乗ってしまうとなかなか景色の変わらない湖と山の中

移動手段であることはもちろん

なかなかファンキー+フォトジェニックで、30分を飽かずに楽しく過ごさせてくれる素敵な乗り物ですね。笑

ハリボテとか人工無機的な人形とかに惹かれる笑い味も楽しみました。

b0199199_23132231.jpg

真剣か

b0199199_2316079.jpg

安全な舵取りをお願いします

b0199199_231703.jpg

夕陽+芦ノ湖。鉄っちゃんならぬ船ちゃん(この用語ある?)にはたまらん組み合わせかね

b0199199_23114483.jpg

こうなるとファンキーな海賊船も異国情緒すら感じられる

b0199199_2350527.jpg


b0199199_2314715.jpg

もはや女子旅的気分の味わえるシンプルでこじゃれた港

b0199199_2318733.jpg

薄手のコートだと長時間デッキにいるのは厳しいくらい肌寒かったですが

紅葉、山、湖、澄んだ空気に癒された海賊船でした。

その夜芦ノ湖畔の箱根ホテルへ泊まったのですが

翌朝7時前に目が覚めると、澄んだ空気のなか眼下にはこんな湖畔の風景が広がっていました

b0199199_23215936.jpg

奥に見えるのは富士山です。

頂きが少し見えるくらいですが、それでも空気の澄んだ日しか見られないらしく

とてもラッキーでした001.gif

2月頃、雪の降る澄んだ空気の中、湖面に波風ひとつ立たないという条件下で

年に数回、「逆さ富士」がキレイに映ることもあるようです。

b0199199_2327189.jpg

↑8時を過ぎると大分陽がのぼり、湖畔の木々も赤さを増します。

湖畔ビューを楽しむシートとは素敵な計らいですね
b0199199_23285841.jpg


富士山を見るだけでもテンションあがるのに

さらに温泉、湖、山まで味わえるなんて・・・

宿場町箱根が、用途は違えど江戸の昔から今でも多くの人を魅了してやまない所以が分かりますね^^

関所跡などにもいってきたので、またUPしますね012.gif


all pics by pen e-pl1s

にしても、海賊船外国人観光客多くてびっくりした。箱根ってinternationalやなぁ。

震災後落ち込んでたから、海外から日本に来てくれる人には感謝や。
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-13 23:41 | 旅の記 【国内】

「旅」と「写真」と「食」が好き=極一般的女子 笑い味 が「変」を求めて日々暮らす記
by flavor-of-laugh
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ニューデリー
旅行口コミ情報







◆ランキングに参加しています
笑い味の元気の源に、クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

◆お気に入りンク
ポパイカメラ
albus写真ラボ
本の町
丸の内カフェ
JICA地球ひろば
世界のCMフェスティバル
OLYMPUS
カメラ日和
KITSH KITCHEN
visit Liverpool
eightups

◆笑い味の日々 頻出用語
〇片付け武将
:片付け不精な人(鍋奉行的なプラスの意では無い)
片付けを始める前の意気込みとして反対に片付けに精を出す人という意で使われる場合も有り
〇ひとりラーメン女子
:ひとりでラーメン屋の暖簾をくぐり、臆すること無く恥じること無く、声高らかにオーダーして食する女子
〇SHAKE状態
:明日は休みだ、仕事もない と某アイドルグループの名曲になぞらえて休日前夜に気分を高揚させる様

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧