笑い味の日々

銭湯?いいえ、釣り堀です @ 東京 旗の台

こんばんは、そしてご無沙汰しております、笑い味です001.gif
2月は福岡への帰省などでバタバタしており、更新が滞ってしまいました009.gif

いよいよ2012年度も早いものでもう年度末の3月となりましたね。。
駆け足ですが、年度内に行った場所は年度内のUPを!を目標に頑張って参ります。

先日、お友達ご夫妻と親人(親しくしている人の頻出単語)とこんな面白スポットへ行ってきました

b0199199_175230.jpg

「新井湯」 創業昭和10年の老舗の銭湯・・・・・

と思いきや、なんと・・・看板の下にちらっと見えるとおり
b0199199_1115530.jpg

女湯が工務店に、そして男湯が 釣り堀 になっているリフォーム施設なのです!

そんな東急大井町沿線にある  「旗の台 つりぼり店」 へ行ってきました。

b0199199_113492.jpg

男性が昔のれんをくぐっていたであろう敷居をまたいで受付があり

1時間あたり 男性¥600、女性¥400 で釣りを楽しめるのです003.gif
b0199199_1473593.jpg


私達の今回の目的はこの釣り堀
b0199199_1143927.jpg

さぁ、制限時間は記された!
ここから色んな意味でハラハラドキドキ 勝負の1時間の始まりだ!

b0199199_1162766.jpg

元銭湯のタイル画が魚になっててなんともかわいい壁面に掛けられた貸しロッドを選び
(お友達曰く浮き餌の長い物がおすすめ)

一人一箱配布される餌をビービー弾2個分程に丸め、針に装着し
元銭湯の湯船であったであろう釣り堀へとロッドをかざします。
b0199199_1201544.jpg

縦3~4メートル×横2メートルといったところでしょうか。(目視)

銭湯の中で釣りをする、それはそれはユニークな光景
b0199199_1224622.jpg

なぜかドラムセットが置いてあったり

b0199199_1231742.jpg

やっぱり日本の心が描かれていたり

b0199199_1315365.jpg

でもなぜかミラーボールが天井にぶら下がっていたり(ライブがあるのかな)します。

b0199199_1325775.jpg

配線がある足元は、昔の洗い場がそのままにされています。

b0199199_130829.png

こんなユニークな釣り堀
四方に常連さんが散らばり、数十センチのお魚を何度も釣り上げては堀に戻します。
b0199199_1513535.png


b0199199_1341455.jpg

控えにおんなすった、次なる放流を待たれる鯉たち

b0199199_1351347.jpg

かつ消え、かつ結びて なあぶくがなんともフォトジェニックな鯉たちのお控え

b0199199_1371971.jpg

そんなこんなで、「釣った魚は別料金」のご案内に縁無く
撮影に熱中しすぎて一匹も釣れずに終わった笑い味でした。笑

同行者方は何匹か、しかも大物を釣られてました049.gif

釣った魚は大きさを測定し、その日に釣った魚の中で最長の物を得点として
カードにポイントを押してもらえます001.gif
b0199199_1415868.jpg


カードが3枚貯まったらこんな ↓ マイロッドがもらえるんだとか003.gif
釣り好きの心をくすぐりそうですね♪
b0199199_1411569.jpg

こどものポイントカードや釣り大会もあるらしい。

取材や芸能人のロケも多いみたいで、たくさんの色紙と
こんな方のお言葉が飾ってありました。
b0199199_1425951.jpg

地井さん! こころがほっこりする一言でした。

お店の方になぜ 銭湯 が 釣り堀 になったのかうかがったところ

工務店の方が作業場を探されていて、そこの社長が釣りも好きだったということで
銭湯として需要の減ったここをリフォームされたんだそうです。

こうして余す所無く活用され、常連さんやこどもたちに愛され、メディアにまで露出するようになったなんて
銭湯もきっと喜んでるだろうなぁ003.gif



釣りでお腹が空いたので、ご近所の広島風お好み焼きのお店「秀」
b0199199_1525427.jpg


スペシャル焼き、明太子焼き、キムチ焼き をみんなでシェアして
あつあつのお好み焼き+そばにおたふくソースをたっぷりかけて美味しく頂きました003.gif
ビ・・・ビールもすすむ~♪
b0199199_1565280.jpg


以前から勧めていただき気になっていたこの 旧銭湯の釣り堀、やっぱり期待を裏切らないスポットでした056.gif

最後の1枚 旗の台近辺のお子様が描いたのかな?パブリックアートで癒しを
b0199199_1561648.jpg


all pics by PEN E-PL1s
[PR]



# by flavor-of-laugh | 2013-03-05 01:58 | 旅の記 【国内】

国会議事堂 見学の巻

こんばんは、笑い味です^^

いやぁ、また久々にぱらっと降雪でしたね。

雪と言えば、先月の大雪の数日後、雪の残る道を掻き分け歩き

国会議事堂 (参議院) を見学して参りました001.gif

そうです、あの国会議事堂です!

ずっと行きたかったのですが、選挙のあわただしさを終えた今、雪の中やっと叶った見学でした。

意外なことに(意外じゃない!?)、ここ(国会議事堂参議院)は議員ではない私達一般国民も見学できるのです。

詳細は公式HPにもありますが

平日、9時~16時までの毎正時(9時、10時、11時・・・・)から、それぞれ1時間の見学ツアーに参加できるのです。

私たちは終わった後ランチへ移動する兼ね合いを考えて11時からの見学ツアーを狙いました。

11時5分前には議事堂の西通用門の受付に行かねばならないのに、道に迷ったり雪に滑ったり
b0199199_0533231.jpg

(都心の永田町でこの積雪!)

たどり着いたのはまさにその受付締め切りの、11時5分前でした! 危ない危ない・・・

受付にいくと、住所など身分証明的なことを書き、手荷物検査を受け(空港みたい♪)

通行手形の代わりとなるパンフレットを渡され、空いた時間を待つため参観ロビーへ案内されます。

10名とか団体だったら事前予約が要るみたいですが、2人でいったので予約せず
さらっと申し込めました^^

待合室には国会議事堂の歴史がたくさん展示されていました。
b0199199_124820.jpg


11時に召集いただくまでは自由に資料を見て歩いたりお手洗いにいったり
b0199199_14685.jpg

こ、、この椅子は、、、

議員席のレプリカだ!名前を立ててみたりして・・笑
b0199199_152335.jpg


静粛に!の木槌(ギャベル) にテンション上がりつつ
b0199199_161667.jpg


召集されたら、その日は11時の回だけでも10名以上の方がいらっしゃいました!
b0199199_1807.jpg


実は写真撮影はここまでなので、ここから内部の写真は無いのですが

警視庁の方に案内をされ、議事堂内を1時間弱かけてじっくり案内をしていただきました^^

とにかく全体的に国の髄を結集して建てられた議事堂。

1920年から17年もの年月をかけて、1936年に完成したものだそうで

数ピース(ステンドグラスなど)を除いてほぼ全てのパーツが国産(木材、大理石、御影石など全て)だそう。

今日の物価にすると600億余りをかけられたそうで、とにかく一級品が集まっていました。

ツアーでは、答弁が行われるあの扇形の「参議院議場」を、上から俯瞰しながら説明を受けられ
歴史の数々の変遷を見てきたその場所に静かな感動を覚えました。

その他、年に数回しか使われない階段や昔皇族の方が使用されていた休憩所
中央広間などを歩きながらめぐりました。

中央広間は、高い吹き抜けのロビー(32.62m)に、
四隅に太いギリシャの神殿のような柱、
上には春夏秋冬が描かれる壁画とステンドグラス、
著名な政治家の像(三隅) 

など豪華な装飾がたくさんあり、白亜の壁や柱とその装飾は、
まさに大英博物館 / national gallery など英国のミュージアムにいる様な気分でした。

外に出ると、47都道府県が寄贈したという雑木林を歩いて、出口まで案内していただいて終了!

所要時間45分程でしたが、入場無料でこんな歴史有る建造物の内部を案内していただけ
とても充実した時間でした!

特大の日本の粋を目の当たりにしました003.gif

b0199199_124591.jpg

ちなみに、中央広間は、この真ん中の△の下に広がるところで
△の屋根の下の格子状の部分が、実はステンドグラスになっているのです。ニュースで何度もみてきた建物だったけど
内部にそんな装飾が施してあるなんて予想だにしなかった~

b0199199_1264853.jpg

ジオラマで撮ってみたり。 他のみなさんもこのあたりで写真撮影しまくり。撮り合いっこ。

b0199199_128215.jpg

うーん、渋い

さすがに内部撮影はNGでしたが、閉鎖的ではなく、国民に開かれた場所であることをすごく感じました。

東京にお越しの際、観光地としてはマニアックではありますが、フットワーク軽く申し込み・見学できるので
ぜひおすすめです056.gif
難しい話には耳が痛いけど、こんな所からでも政治に興味を持つきっかけになりますよね003.gif


余談ですが、この日はこれから金魚カフェにいき、イスラム教の寺院にいき、fireking cafeにいき、、と
かなりアクティブな1日となりましたが実は初っ端が一、二を争う濃さのここだったって言う(笑)


all pics by PEN E-PL1s
[PR]



# by flavor-of-laugh | 2013-02-07 01:36 | 旅の記 【国内】

ゆく年くる年 展 x パネルの引き取り

こんばんは、笑い味です

なぜこうも夜行性なのでしょう。

先日、ポパイカメラさんにやっとこさ先日記した 写真展 私のゆく年くる年 展 のネガ・ポストカードを引き取りに

そして写真展を撮ったフィルムの現像を受け取りに行きました。

ゆく年 くる年 に想いをこめて、笑い味はこの写真を出していました。

b0199199_1375778.jpg

覚えてくださってる方いたら嬉しいですが、by popeyecamera x Provia @ HONOLULU以前もブログにUPしてました。

タイトルは 「greetings, regards, kindness, compassion, affection, love」

敬意だったり 感謝だったり 挨拶だったり 愛情だったり 優しさだったり 情けをかけたり

一言に深みのあるこの言葉

こんな風に心に蓄えのある人になりたいなぁ~

そしてそんな想いの飛び交う 2013年になるといいなぁ~

と1枚に想いを託した笑い味なのでした。

出展時は、なんと壁何面分もの広々としたギャラリースペースに於いて

こんな近くにcoroconi のアネゴの1枚が、という嬉しい配置でした。
(向かって右下の桜写真がやよいちさん(はるいちさん))

b0199199_1451972.jpg

by naturaclassica x X-PRO400

b0199199_1461622.jpg

by PEN E-pl1s

ポパイカメラのみなとみらい店さんでは定期的にギャラリーの貸し出し、展示があるので
横浜散策の際にはぜひ立ち寄っていただきたいです^^



以上、出展のつづきのお話でした001.gif
[PR]



# by flavor-of-laugh | 2013-02-06 01:48 | アートの記

ライフ・オブ・パイを観て

こんばんは、続けて笑い味です。

先日、公開後間もないアカデミー賞候補作の映画 『ライフ・オブ・パイ』 を観賞してきました。

先月 『レ・ミゼラブル』 や 『フランケン・ウィニー』 を映画館で観賞した時に予告編があり

大画面で見る迫力の映像と世界観と
広報のテーマ曲になっていた coldplayの最新アルバムで一番好きな「paradise」 がとてもマッチしていたことに興奮し

絶対観に行く!と思って楽しみにしていました。

あまりネタバレになるようなことは書きたくないので全体像の感想を書くと
虎と少年が大海原を漂流するということが大きな軸となる物で
とにかく壮大で、生きる希望を与えられるようなストーリーでした。
(それでもあまり中身を知りたくない方はご注意です><)

虎と漂流する、というテーマが先行していろんなことを予想していたので
全体としてみると少~し物足りないような気もしましたが
それもまた自然の摂理なのかな、と思えるような展開でした。

私は、何よりも映像美、主演の俳優スラージ・シャルマ君の名演技にとても胸うたれました。

冒頭のインドで幼年を過ごす映像は、本当にそこに自分がいるかのような
色鮮やかな物でした。

そして、嵐、漂流、海 とその後めぐっていくストーリーのどれもがリアルで
でも幻想的で、自分も一緒に漂流して自然界に飲み込まれているような感覚でした。

そのリアルを感じられたのは、↑ に書いた映像と名演技のたまものだと思います。
しかも主演の俳優は演じるのが初めてっていうからさらに驚き・・
それがかえって作られてない感じのリアルさを生んだのかな。

3Dで観る甲斐のある映画なので、ぜひぜひ!3Dを活用してほしいです。
ポスト・アバターの映像美といわれていますが、手の届きそうなリアルな世界な分
私はこちらの方がすきでした。

命の大切さとともに、宗教への寛容さや畏敬も描かれてあった気がします。
何かの宗教に傾倒することは無いですが、このように窮地に立つと
信仰心は生きる力につながるんでしょうね。

前半所どころにリアルなインドを感じたので、アン・リー監督はインドの方かな?って思っていたら
台湾の方みたいですね^^
アジアの監督の映画と思うと、俄然応援したくなりますね。
サイケな色彩や回想する人物像など、あまり観たことのないような場面が印象的でした。
彼のアカデミー賞受賞作、ブロークバックマウンテンも観てみたいな。

『レ・ミゼラブル』 を観た時のような泣くという「感動」はさほど無かったのですが
すべての生き物の生死の尊厳や、活力自然や神への畏敬 と言った壮大なテーマをリアルに感じられる
そして映像美に気分も高揚する、そんな名作だと思いました。

アカデミー賞、幾つも受賞するのだろうなぁと思います001.gif


なんか、だらだらと長くなってしまいました。

写真はインド関連。
頓挫しているインド旅行記より

b0199199_23582355.jpg

by popeyecamera x PROVIA 以前も記したフマユーン廟の敷地
どうぶつつながりですが、ここにはクジャクが何羽かいました。

b0199199_03826.jpg

by Olympus Pen E-PL1s
こちらも動物つながりで、バラナシの路上の白い牛
[PR]



# by flavor-of-laugh | 2013-01-29 00:05 | 映画 / ドラマ 鑑賞の記

「旅」と「写真」と「食」が好き=極一般的女子 笑い味 が「変」を求めて日々暮らす記
by flavor-of-laugh
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ニューデリー
旅行口コミ情報







◆ランキングに参加しています
笑い味の元気の源に、クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

◆お気に入りンク
ポパイカメラ
albus写真ラボ
本の町
丸の内カフェ
JICA地球ひろば
世界のCMフェスティバル
OLYMPUS
カメラ日和
KITSH KITCHEN
visit Liverpool
eightups

◆笑い味の日々 頻出用語
〇片付け武将
:片付け不精な人(鍋奉行的なプラスの意では無い)
片付けを始める前の意気込みとして反対に片付けに精を出す人という意で使われる場合も有り
〇ひとりラーメン女子
:ひとりでラーメン屋の暖簾をくぐり、臆すること無く恥じること無く、声高らかにオーダーして食する女子
〇SHAKE状態
:明日は休みだ、仕事もない と某アイドルグループの名曲になぞらえて休日前夜に気分を高揚させる様

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧