笑い味の日々

タグ:popeyecamera:Ultra Wide & Slim ( 77 ) タグの人気記事




皇居 参観の巻

こんばんは、笑い味です。

暖かくなったかと思ったら冷たい強風の今夜・・・
初春はツンデレですね002.gif

さて、何かに追われるかのように首都圏近郊の見所を巡る笑い味

先日は「皇居」の参観へ行ってまいりました。
前回の「国会議事堂」に続き、渋い東京観光シリーズ。

お正月の一般参賀でしか入れないイメージのあった皇居ですが
以前警備をする警察の方に伺い知った事実

「宮内庁に予約すれば参観できる」

実際HPを確認すると、来庁、郵送またはインターネット(4日前まで)で
参観申込が出来ました!

平日ですが、午後の部は既に満員
10:00~の午前の部に申込みました。

b0199199_2372337.jpg

10分前までに桔梗門に集合

中に入ると10分程、皇居案内のVTRを鑑賞し、いざ出発
10:15から1時間強2kmの距離を参観へ。
毎日各部定員300名と仰っていたかと思いますが
この午前の部は130名でした。

横4列に分かれてもかなりの長蛇の列。。修学旅行状態で参観していきます。

まずは石垣に彫ってある薩摩藩 島津家の家紋である 「丸に十字」 の案内
b0199199_2315441.jpg

元々は江戸城であったこの地。ここから江戸時代の建造物が数々と現れます。

b0199199_2316407.jpg

富士見櫓 
江戸城の遺構として最も古いもので、1659年に再建されたものらしい。
昔はここから本当に富士が望めたんだとか。石垣14.5メートル+櫓15.5メートル
30メートルの高さから富士が見えていたなんて贅沢だなぁ。。

b0199199_2319890.jpg

宮内庁 
想像と違って洋風の趣もある建物でした。
おしゃれなリュックを背負ってマウンテンバイクで通勤している方もいらして
色々と意外な発見がありました。
ガイドされる警察の方も「皆さんが思われるより、敷地内では交通量も多いので気をつけてください!」とのこと。

そしてここ
b0199199_2321178.jpg

b0199199_23221736.jpg

長和殿の東庭
新年や天皇誕生日に一般参賀が行われることで知られます。
皇族の方々がお手を振られるシーンは、テレビでよく目にしていたので感動!
ずいぶんと高い建物なイメージがありましたが、高さ3~4メートルと思ったより低く
距離をお近くに感じられるような場所だと思いました。

うろ覚えですが一般参賀は1回に70000人程の収容で、
それが1日に数回あるのだそうです。
写真上の大きな青銅風のモニュメントは、行事で使用される松明だそうです。

b0199199_23455076.png

これくらい、まさに修学旅行、はたまたハーメルンの笛吹き並みな行列で、長い長和殿も抜け

b0199199_0104317.jpg


b0199199_23471483.jpg

お次は正門鉄橋へ。後ろに劣らず前にもこの数の人

b0199199_012797.jpg

この鉄橋と、向こうに見える橋で別名「二重橋」と言われているんだとか。

秋に皇居を訪れた時は、この向こうに見える橋から鉄橋を見ていたので、こんな作りなんだ!と感動。
b0199199_032997.jpg

b0199199_042432.jpg

外から見るとこんな感じで↑ (秋に撮影)まさか中に入れるとは思っていなかったので・・・
この上の写真の、右奥に見える建物が ↓
b0199199_063670.jpg

伏見櫓
正門鉄橋のすぐ脇に建っていて、三代将軍家光の頃に京都伏見城から移築されたそう。

ここでUターンして、橋を再び渡り、門を抜け、長和殿脇を通ります。

長和殿の玄関は、各国の貴賓来訪の際に使用されるんだそうです。
b0199199_0114232.jpg


b0199199_0122141.jpg

手入れをされているお庭を外から。
こんもりとしているお山は、高い所で高さ6メートルにも及ぶそうで
そこに足場を組んで中から顔を出して剪定を全て手作業でされているそうです。
日本の造形美ですね。

b0199199_0151941.jpg

長和殿を過ぎ、角を曲がって豊明殿、連翠の脇を歩きます。
晩餐会などが催される建物だそうです。
b0199199_021018.png


そして、木々の茂る「山下通り」を下り(花咲く季節には良いだろうなぁ056.gif
b0199199_0233018.jpg


ふたたび宮内庁を通り、脇の蓮池を見ます。
7月など、初夏には蓮が一面に咲くのだそうです^^
b0199199_0244988.jpg


そして富士見櫓を通り、コインロッカーとトイレのある休所に戻ってきてツアーは終了
b0199199_027126.jpg

終了時刻は11:30だったので、所要1時間15~20分程

日ごろ見られない皇居のお堀の中の、宮内庁や宮殿を
皇居警察の方の案内付きで拝見して廻ることができ、
参加費用も無料で、約1時間、2kmととてもありがたいツアーで
貴重な経験ができました!

この日は130人と、定員には及ばずも大人数でしたが
その中でも見たところ外国人のお客さんが20人以上、2割はくらいでしょうか。
なかなか多くいらっしゃいました。
(東洋系で日本の方と見分けのつかない方も多くいらっしゃったのでもっと多いかも)
お話したところ、オランダエクアドルからいらした方も!
オーディオガイド貸し出しがあり、ガイドの警察の方も「audio guide、Noxx」 と
今何番を聞けばよいか丁寧に説明もありました。

ご年配の方も多かったのですが、後ろにいらっしゃる杖の方は
急かされることなくゆっくり見ていらっしゃいましたし
車椅子の貸し出しもあるので、きつい方はお声かけしてください、と優しい案内もありました。

外国の方からすれば、Royal Palace
私たちが英国にいくとバッキンガム宮殿にいくような物なので
このfreeのオーディオ+ガイド付きツアーはなかなか良いでしょうね^^
みなさん熱心に参観されていました。

東京、ますます外国の方に開かれた観光都市になるんだろうな056.gif


************************************

その後、一般参観ツアーではなく、毎日夕方16:30までこちらも無料で入れる
皇居東御苑 へ行って参りました。
桔梗門から徒歩3分程の大手門から入ります。
b0199199_0555365.jpg

入口で渡される入園証は、裏面が英語表記でした。さすが!
帰りに返却します。エコだなぁ。

b0199199_0382827.jpg

三の丸の脇に咲いてました、紅梅・白梅

b0199199_0394770.jpg

本丸・天守閣跡前の広場には寒桜が咲いていました。

b0199199_0431689.jpg

天守閣跡
b0199199_0435077.jpg


一番の都「心」にあり、一番江戸の歴史を感じられる場所ですね。


b0199199_0454937.jpg


長くなりましたが。。。(このお堀脇の木のように)

皆様も、皇居ランの前後で、丸の内のお買い物の後で、東京駅で新幹線に乗るその前に
近代の高層ビルの中に静かに佇む皇居へ、ぜひお立ち寄りください。


by Olympus Pen E-PL1s
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-03-11 00:58 | 旅の記 【国内】

ゆく年くる年 展 x パネルの引き取り

こんばんは、笑い味です

なぜこうも夜行性なのでしょう。

先日、ポパイカメラさんにやっとこさ先日記した 写真展 私のゆく年くる年 展 のネガ・ポストカードを引き取りに

そして写真展を撮ったフィルムの現像を受け取りに行きました。

ゆく年 くる年 に想いをこめて、笑い味はこの写真を出していました。

b0199199_1375778.jpg

覚えてくださってる方いたら嬉しいですが、by popeyecamera x Provia @ HONOLULU以前もブログにUPしてました。

タイトルは 「greetings, regards, kindness, compassion, affection, love」

敬意だったり 感謝だったり 挨拶だったり 愛情だったり 優しさだったり 情けをかけたり

一言に深みのあるこの言葉

こんな風に心に蓄えのある人になりたいなぁ~

そしてそんな想いの飛び交う 2013年になるといいなぁ~

と1枚に想いを託した笑い味なのでした。

出展時は、なんと壁何面分もの広々としたギャラリースペースに於いて

こんな近くにcoroconi のアネゴの1枚が、という嬉しい配置でした。
(向かって右下の桜写真がやよいちさん(はるいちさん))

b0199199_1451972.jpg

by naturaclassica x X-PRO400

b0199199_1461622.jpg

by PEN E-pl1s

ポパイカメラのみなとみらい店さんでは定期的にギャラリーの貸し出し、展示があるので
横浜散策の際にはぜひ立ち寄っていただきたいです^^



以上、出展のつづきのお話でした001.gif
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-02-06 01:48 | アートの記

ライフ・オブ・パイを観て

こんばんは、続けて笑い味です。

先日、公開後間もないアカデミー賞候補作の映画 『ライフ・オブ・パイ』 を観賞してきました。

先月 『レ・ミゼラブル』 や 『フランケン・ウィニー』 を映画館で観賞した時に予告編があり

大画面で見る迫力の映像と世界観と
広報のテーマ曲になっていた coldplayの最新アルバムで一番好きな「paradise」 がとてもマッチしていたことに興奮し

絶対観に行く!と思って楽しみにしていました。

あまりネタバレになるようなことは書きたくないので全体像の感想を書くと
虎と少年が大海原を漂流するということが大きな軸となる物で
とにかく壮大で、生きる希望を与えられるようなストーリーでした。
(それでもあまり中身を知りたくない方はご注意です><)

虎と漂流する、というテーマが先行していろんなことを予想していたので
全体としてみると少~し物足りないような気もしましたが
それもまた自然の摂理なのかな、と思えるような展開でした。

私は、何よりも映像美、主演の俳優スラージ・シャルマ君の名演技にとても胸うたれました。

冒頭のインドで幼年を過ごす映像は、本当にそこに自分がいるかのような
色鮮やかな物でした。

そして、嵐、漂流、海 とその後めぐっていくストーリーのどれもがリアルで
でも幻想的で、自分も一緒に漂流して自然界に飲み込まれているような感覚でした。

そのリアルを感じられたのは、↑ に書いた映像と名演技のたまものだと思います。
しかも主演の俳優は演じるのが初めてっていうからさらに驚き・・
それがかえって作られてない感じのリアルさを生んだのかな。

3Dで観る甲斐のある映画なので、ぜひぜひ!3Dを活用してほしいです。
ポスト・アバターの映像美といわれていますが、手の届きそうなリアルな世界な分
私はこちらの方がすきでした。

命の大切さとともに、宗教への寛容さや畏敬も描かれてあった気がします。
何かの宗教に傾倒することは無いですが、このように窮地に立つと
信仰心は生きる力につながるんでしょうね。

前半所どころにリアルなインドを感じたので、アン・リー監督はインドの方かな?って思っていたら
台湾の方みたいですね^^
アジアの監督の映画と思うと、俄然応援したくなりますね。
サイケな色彩や回想する人物像など、あまり観たことのないような場面が印象的でした。
彼のアカデミー賞受賞作、ブロークバックマウンテンも観てみたいな。

『レ・ミゼラブル』 を観た時のような泣くという「感動」はさほど無かったのですが
すべての生き物の生死の尊厳や、活力自然や神への畏敬 と言った壮大なテーマをリアルに感じられる
そして映像美に気分も高揚する、そんな名作だと思いました。

アカデミー賞、幾つも受賞するのだろうなぁと思います001.gif


なんか、だらだらと長くなってしまいました。

写真はインド関連。
頓挫しているインド旅行記より

b0199199_23582355.jpg

by popeyecamera x PROVIA 以前も記したフマユーン廟の敷地
どうぶつつながりですが、ここにはクジャクが何羽かいました。

b0199199_03826.jpg

by Olympus Pen E-PL1s
こちらも動物つながりで、バラナシの路上の白い牛
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-01-29 00:05 | 映画 / ドラマ 鑑賞の記

2013年の抱負

【投稿キャンペーン第2弾】あなたの新春の一枚&新年の抱負

こんばんは

笑い味です。

2013年初めての日記です。

喪中につき新年のご挨拶お決まりの一言は申し上げられませんが

昨年に続き、今年もどうぞよろしくお願いします。

早速ですが新年の抱負をテーマに記す今日。

その前に昨年を振り返りたいと思います。

2012年は、

冬 学校で活字に関わる学びを修了

春 coroconiで冊子『Little Asia』を製本しzineのイベントへ出展

夏 日本文化や観光地を外国人観光客へ案内出来る国家資格「通訳案内士」試験受験

秋 関東名所散策+アウトプット 

と、目まぐるしかったですが、残念ながらなかなか統一性の無い一年となってしまいました。

自分にとってはその都度一番大事と思うことをやってみたのですが

試験には失敗したり、文章を書くことに本腰を入れられなかったりと

中途半端に終わることが多かったので悔いが残ります。


2013年は、具体的にどんな形か名言はできませんが

ここで蒔いた小さな種が後で芽を出せるように
(そういえばcoroconiもフキの芽の意でした)

もっともっと「アウトプット」できるように精進したいと思います。

試験には失敗したけど、「外国の方に日本文化を伝える」ということにもトライしていきたいな。

これらの実現のため 「文章 写真/絵 語学」 の3大ツールの精度を上げていきたいですね。
「読書量を増やす」こと、「web等のハード面を学ぶ」ことも課題です。

そして、どうなるかわからず名言はできませんが今年は「転居」もキーワードとなりそうです。

早く皆さんにご報告できるように頑張ります。

とりあえず、定期的に↑の赤太字部分を見返すようにします!


<今年初めの一枚>
b0199199_0481696.jpg

ハワイの空の下で撮った、風に舞う世界の国旗
固定観念にとらわれず、こんな風に伸びやかに前に進みたい。
そして、世界中で天変地災色々と起こりますが、どうか皆さん平穏な日々を過ごせますように。
そんな思いを込めて選びました。

by popeyecamera (ultra wide & slim) x PROVIA F 100 クロスプロセス
[PR]



by flavor-of-laugh | 2013-01-03 00:52 | 徒然草

ハラミュージアムアーク x 伊香保グリーン牧場

こんばんは、笑い味です001.gif

今日は友人Mっちゃんとブックカフェ、画材屋さん、ティムバートン展を巡り

創作意欲(?)が沸き、ただ今二人でお絵描き中でありますが

笑い味は横道に逸れブログを書かせていただきます。

今日、先日ポパカメさんに現像をお願いしていた、初めてのフィルム velvia 100 を

受け取りにいきました。

更に 夏に購入したコンパクトカメラ naturaclassica で

初めてリバーサルフィルム撮影+クロス現像をお願いしました。

赤いフィルムの不思議な世界に、早くも魅了されそうです。

と、前置きが長くなりましたが・・・

12月の初め、以前から気になっていた、品川・原美術館の別館  「ハラミュージアムアーク (Hara museum ARC)」

へ行ってまいりました。

ここは、伊香保温泉で有名な群馬県渋川市にあり、新宿から高速バスで2時間弱で渋川駅へ行き

そこから800円の1日フリーパス券を買ってバスで15分程でミュージアムアークとグリーン牧場のバス停に着きます。
(竹久夢二記念館など美術館も多く、温泉地にも行けるのでフリーパスが便利です)

b0199199_01499.jpg

榛名山のある高地なので、この日は2~3度くらいの極寒でした。
寒い場所を連想するこの針葉樹

b0199199_0152977.jpg

隣接するグリーン牧場を横目に、バス停から徒歩5分程でハラミュージアムアークへ。
このカフェで、サンドウィッチのランチをいただきました^^
b0199199_14492662.jpg


敷地内には、広大な土地を使った数々のアートが。

アンディーウォーホルがお出迎え
b0199199_0194152.jpg


b0199199_0231164.jpg

この建物の中に、a.b.c3つの建物があり、展示が観られます。

奈良美智さん、草間彌生さん。。と品川の本館で見たお馴染の作家さんの作品もありますが

他にも国内外の新進気鋭の(笑い味が知らんだけで有名かも)現代アーティストの作品がたくさんありました。
別棟 観海庵では円山応挙等古美術コレクションも展示してあります。

中でも「やなぎみわさん」という方の鮮やかな女性の写真がとても気になりました。

彼女の他の作品も観たいな~^^


その後、セット券を購入していた隣接地の 「伊香保グリーン牧場」 

b0199199_0395383.jpg

ハラミュージアムアークがすぐ向かいに見えます。

羊がたくさんで、癒される~~
b0199199_0404882.jpg

白黒の羊が、もはや赤黒 クロスのマジック

その他、デジカメでしか撮っていませんが

うさちゃん、牛、馬、ヤギ とかたくさんの動物がいました^^

かわゆい牛舎
b0199199_042852.jpg


その後はバスで10分程行った温泉街 のきれいなお宿「ひびき野」さんで日帰り伊香保の湯にたっぷり浸かり
b0199199_14462285.jpg

b0199199_14481940.jpg


心もからだもあったまって都心への帰路につきました~^^


pics by naturaclassica x veivia 100 クロスプロセス 補正少なめ & Pen E PL1s

以前、赤く(パッションピンクに近いかも)映るフィルム sensia で一度撮影したことがありますが

その時より赤が濃い気がします。こっちの方が好きだな^^

そして、いままでは鮮やかに写るクロスプロセスは

トイカメラで四隅もやっと落ちる感じで撮ってたのですが

ナチュラで撮るとすべてがちゃんと写ってて、

クロスプロセスのお行儀よい版って感じがしました。

クロスプロセス、今後も続けて撮りたいですが、この複雑な現像をしていただけるのは

ポパカメさんだからこそです(>_<)

大切に一枚一枚を撮っていかねば、とおもいます。



お読みいただきありがとうございました003.gif
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-12-19 00:44 | アートの記

sunset x building x Kawasaki

最近 

**に行って、**食べて、的な日記が多く

長々と書いててすみません001.gif

今日はさっぱりとUP


人生の岐路に立たされているような気の有るここ数日。

大好きな多摩川からの夕景は、そのときそのときで表情が違うんやけど

いつも勇気をくれる。

b0199199_141326.jpg


Kodak ELITE CHROME x popeye camera (Ultra Wide & Slim) クロスプロセス


久々のトイカメラ・・・
クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-12-04 01:43 | 徒然草

心にうつりゆくよしなしごとを

ご無沙汰しております

笑い味です

更新が滞りすみません057.gif

夏は思うところ、やることがあり、体調を壊し、なかなか机に向かえませんでした。。

気づけば、毎年必ず書こうと決めていた

ブログスタート記念日の8月13日もすっかり逃してしまってました・・008.gif

ので、ずいぶん経ちましたがこのタイトル。

ちなみに、去年は 「硯に向かいて」

その前(スタート)は 「つれづれなるままに日暮らし」 でした。笑

昔の文章ってはずかしいけど、戒めとしてリンク貼ります。笑

兼好法師の名に恥じないよう (すでに恥じるべきではあるが・・・)

来年もこの続きのタイトルが綴れるよう、マイペースにがんばります。

秋チャリ映画鑑賞音楽鑑賞芸術鑑賞おいしい食べ物登山温泉、、 と

春生まれの笑い味が四季の中で春の次に好きな季節であります。

今後わいわい楽しいとこにいきたいと思いますので、請うご期待です003.gif

早速ですが、今週、andymoriのライブにいってきました。

およそ半年ぶりの彼らの生演奏。やっぱりエネルギーをもらいました。

元ドラマーで、現ティエラトムレイのボーカルである後藤君も同じイベントに出演していて

とてもレアであり、それぞれの道をがんばって歩んでいるんだなぁって思いました。

音楽はやっぱりいいなぁ。

あ、そしてふと気づけば、去年の今日、インドへ旅立ちました。

1年ってほんとに早いなぁ~~~・・・

情報は旬なほうがいいに決まってるけど、やはりこちらも滞っている「インド旅行記」 

記憶はうすれかけていますが、お蔵入り寸前のかわいそうな写真がたくさんなので

記録って意味でも更新せんといきませんな。。

1年あたためてきた「インド旅行記」、請うご期待です。笑

そして久々にUPする写真は、夏→秋のノスタルジーから連想するこの1枚。

ひそかに春に結婚式のため行って来たハワイの路上で撮りました。

路上で見つける、文字が彫ってあるタイルがすきです。

こんな台詞を口にしてゆったり暮らす生活っていいですね~001.gif

b0199199_23564162.jpg

by popeyecamera x PROVIA100 クロスプロセス(ポパカメさん)

リバーサルフィルムは、いろいろ使い分けたいとは思っていますがPROVIAが好きです。

あ、3人組コロコニのブログも更新しましたので、見ていただけると幸いです^^


うわぁ~なんかいつにもましてだらだら感のある記事ですが・・・これからも宜しくお願いします003.gif

以上、1ヶ月以上遅れてしまいましたが2周年を迎えた笑い味の日々でした!
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-10-04 00:09 | 徒然草

coroconi 始動

こんばんは

そしてご無沙汰しております、笑い味です^^

暑かったり寒かったり、晴れたり雹が降ったりと

めまぐるしく変化するここ数週ですがお元気でお過ごしでしょうか?

前回のブログにて5月18日~のイベントに関して

告知をさせて頂きましたが、イベント寸前にして

私どもの出展ユニット coroconi のブログを立ち上げてみました001.gif

どれくらいのペースでzineを製作できるか未定ですが

皆さんに coroconi の活動内容をお届けできればと思います^^

coroconi←クリック

よろしくお願いします003.gif

それでは、しつこくてすみませんが今週末に迫ったイベントの告知を再度させてください^^

b0199199_1204139.jpg


056.gifイベント名: PHOTO! FUN! ZINE!

056.gif日時: 2012年5月18日(金)~20日(日)12:00~19:00
   (バザールは1日限定 20日(日)12:00~19:00の開催)

056.gif場所: gallery & cafe FIND
 JR埼京線 十条駅より徒歩4分

056.gif出展ユニット名: coroconi

056.gif出展物: 都会で見つけるアジア 『LITTLE ASIA』 をテーマに 
     zine(手作り小冊子) を展示・販売予定
 (事務局スタッフさんにも私たちの紹介をしていただきました! ←クリック)

ほかの出展者さん達、個性豊かで事務局の方のブログをみるだけで

ワクワクがとまらんここ数日です。

一同お待ちしておりますので、ぜひぜひ遊びにきてください003.gif


今夜はASIAから連想するこの1枚。 

『LITTLE ASIA』 の全容は当日のお楽しみなので、その冊子とは関係ないのですが^^

b0199199_22155950.jpg
 
popeyecamera X SENSIA @ VARANASI X クロス現像

頓挫しているインド旅行記ではまだ訪れていない、ガンジス河の流れる聖地バラナシを赤フィルムで。


クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-05-15 22:17 | アートの記

いつでも笑みを

こんばんは、笑い味です。

上沼恵美子さんがやってた料理番組を彷彿とさせるタイトルに始まる今回は、

同じ志を持つお仲間たちとの同時テーマブログ

縁、光、初、夢、立に続く最終テーマは 『笑』 です001.gif

「笑い味」と名乗る私にとって、ホームとも言うべきテーマです。

面白いことを集めようと考えましたが

いざとなると上手くまとめられそうにもありませんので

お仲間達との半年間を綴ろうかと思います056.gif


この半年、ちらっと書いてきましたが

情報発信に関わる学びの場に属していました。

そこには、年齢、性別、職業、趣味とどれをとっても幅広い

色んな方との出会いがありました。

上京して、見知らぬ土地で数年過ごし

なかなかこんな刺激的な出会いの無かった私には

座学の時間と同じくらいそんな出会いが貴重でもありました。

時にいいね、と言っていただいたり

時にわかりにくいね、と言っていただいたり

時に酷評していただいたり

知らないことをたくさん教えていただいたりと

学んだことは数知れません。

皆さんに教えてもらったことを書き留めたメモで

携帯のメモリが飽和になっているほどです。笑

2011年秋、通い始めは震災で社会全体に不安や不満が溢れ

少しずつ、そこから立ち上がっていこうという気運のあった頃でした。

そんな時に集ったこの仲間には、前向きと言うかなんと言うか。。

とても意味があると思います。

学校は半期で修了のため、昨夜最後の講義を終えたので

いま、とてもとても寂しい気持ちでいっぱいで008.gif

正直これから講座の無い週末を久々に過ごすことに戸惑いを隠せないのですが

これからは皆さんにとって、そして私にとっての第二歩目だと

そう、笑って前向きに捉えたいと思います003.gif

この半年、痛烈に感じた下記の反省点を念頭に置きながら・・・・・・

058.gif 読書量不足
058.gif 語彙力不足
058.gif 時間の浪費
(ここに関しては笑えない・・・笑)

修了後、働き方に直結した変化が生まれる事は無いのですが

皆さんと、幾つかのテーマで情報発信に携わっていければ、と思っています。

長くなったので、また近日、改めてお知らせさせていただければ幸いです^^

ゆっくりでも変わっていけるといいな。

いつも私事ですが、さらに今日は私事色が濃くなり失礼します・・・

同じ学び舎を卒業した皆さん、半年間お世話になりました!

これからも宜しくお願いします^^



卒業と言えば、おととい福岡から飛行機で帰ってきたのですが

その座席がまさかの

3B

だったことから、「金八かーい!卒業つながりかーい!」
(BGMはアメトーークの中学の時いけてない芸人で最後に流れるあの曲)

と機内で一人突っ込んでいた笑い味でした。

b0199199_2144726.jpg

同期の皆さんに「第二歩目」の意味を込めて。ちなみにここにもプチ突っ込みどころ有りです。

by popeyecamera x PROVIA F100 クロスプロセス @デリーの世界遺産 レッドフォート


いつでも笑みを、

笑い味もといクサい味でした。
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-04-05 02:19 | 同時テーマブログ

立ち上がった温泉宿

今回は 同じ志を持ったお仲間たちとの同時テーマブログ

「縁」 「光」 「初」 「夢」 に続く第五弾のテーマ 「立」 で綴ります
 



こんばんは 笑い味です001.gif

「立」という言葉に、色々契機となるようなことを思い描きますが

中でもぴたりとつながったのは先週訪れた 熊本県は『黒川温泉』
大分との県境近くの山あいの地で、川の流れる静かな秘湯

b0199199_1115394.jpg



ずっと行きたくて、同じく行きたがっていた家族と、雪の中恐る恐る行きました。

この黒川温泉、20年以上前は地図にも載らないような廃れかけていた温泉地だったそうですが

経営者・住人が一丸となって立ち上がり

癒し・風情・黒で統一感のある街並みの再構築を図り

いまでは人気温泉地の一つとなっています001.gif

写真には人を写していませんでしたが

ほどよい観光客の数

バスツアーで1時間弱の滞在なのかなって感じのバッジをつけた人たちや

韓国語を喋る団体客など多数なんだけど、ガヤガヤはしていない

シックな小さい通りたちにはかわいいお店もたくさん

b0199199_1152857.jpg

↑ ここで買ったチーズケーキ、美味でした。お取り寄せもありました^^
b0199199_1163489.jpg

↑ うふふ?

b0199199_147528.jpg

↑ ゆるキャラキング くまもんもちらほらお目見え

半年間有効で、3箇所のお風呂に入れる『入湯手形』も黒川温泉の代名詞ですが

2011年は25周年だったみたいです^^ ←クリック
b0199199_1191919.jpg


今は温泉パス、別府や他のところでも耳にしますが

25年も前では画期的なシステムですよね^^

記念に持って帰れるし ◎

少し歩けば、なんとなくこの街のあたたかさが伝わってきました
b0199199_1214768.jpg

自然を愛でる

温泉でも「川を汚さないために、固形石鹸を使わない」っていう説明書きもありました

b0199199_1225480.jpg

↑これ好きだったなぁ

20数件と数あるお宿の中で、今回とまったのはここ

新明館
b0199199_1234831.jpg


オーナーは、黒川温泉の再生を図ったリーダー 後藤哲也 さん

お客様のために地域ぐるみで立ち上がり、自らのお宿でも

10年かけて自らの手で掘った 洞窟風呂 など趣向を凝らしたおもてなしを心がけた方です

読みたくなった著書 『再生の法則』

限られた土地の中なのでとっても広い露天風呂があったりするわけではないですが

裏山にこじんまりある1時間割の貸切露店風呂や、洞窟風呂に癒され

すみずみまで凝ったあたたかい内装に気持ちも穏やかに
b0199199_130218.jpg

b0199199_1301747.jpg

宿泊者はコーヒーを飲み放題で、囲炉裏でまったり休憩できます

笑い味は、バンドマンの身内に借りた 『僕はビートルズ』 数冊と

沢木耕太郎氏の 『深夜特急』 を読みました。笑 ← どんだけおったんや。笑

b0199199_1311080.jpg

本物の鮎も食しました。

b0199199_1314114.jpg

↑ はい、仰せの通りに、と言いたくなるありがたきお達し

また旅の記で記しますが、食事もとても美味

帳場の方も館内のベストスポットを教えてくださり、そこで記念写真を撮ってくださったり

仲居さんも楽しいお話をしてくださったり

家族が誕生日だったのですが言うのが間際になってしまったため

「3日前だったらケーキがご用意できたんですが。。。

前日じゃあ田舎で調達できないんです002.gif

と残念そうに言われていたのですが

ケーキの代わりに食事の際に記念撮影をしてくださり

食事が終わる頃には玄関に飾ってある宿の訓となるような詩とともに

記念写真をA4サイズにラミネートして、プレゼントしてくださりました001.gif

細かく書けばきりがありませんが

久しぶりに 「ニッポンのホスピタリティー/おもてなし精神ここにあり」 という接客をしていただきました056.gif

関東・東北からのお客様も多いそうです。

b0199199_137254.jpg

通りの地蔵尊にこんなのぼりがありました。

閑古鳥の鳴く小さな温泉地を一念発起盛り上げた街

同じものさしで言えることではありませんが

震災後の日本の気風と重なるところがあります。

時間はかかるかもしれないけれど

想いはきっと形になる

そんなことを感じた、立ち上がった山の温泉宿でした。


↓ あえて重ねたんかな笑 @宿の玄関
b0199199_1412978.jpg



all pics by Olympus Pen E-PL1s

クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-03-01 01:52 | 同時テーマブログ

「旅」と「写真」と「食」が好き=極一般的女子 笑い味 が「変」を求めて日々暮らす記
by flavor-of-laugh
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ニューデリー
旅行口コミ情報







◆ランキングに参加しています
笑い味の元気の源に、クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

◆お気に入りンク
ポパイカメラ
albus写真ラボ
本の町
丸の内カフェ
JICA地球ひろば
世界のCMフェスティバル
OLYMPUS
カメラ日和
KITSH KITCHEN
visit Liverpool
eightups

◆笑い味の日々 頻出用語
〇片付け武将
:片付け不精な人(鍋奉行的なプラスの意では無い)
片付けを始める前の意気込みとして反対に片付けに精を出す人という意で使われる場合も有り
〇ひとりラーメン女子
:ひとりでラーメン屋の暖簾をくぐり、臆すること無く恥じること無く、声高らかにオーダーして食する女子
〇SHAKE状態
:明日は休みだ、仕事もない と某アイドルグループの名曲になぞらえて休日前夜に気分を高揚させる様

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧