笑い味の日々

静かな湖畔の森の影から③ ~箱根の美食~

こんばんは

けっこう長々と1日記書き終えて、アップで固まってしまった

という1年ぶりくらいのショックな事態に見舞われた笑い味です007.gif

あまりにショックで、ここ1時間ほどどうぶつの森へ現実逃避しておりました。


さて、気を取り直して・・・

今夜の晩餐は昨夜のクラムチャウダーをリメイクしたドリア

カレー然りですが、2日目のリメイクはドリア率が高い笑い味ですが

今回は食つながりで、箱根の「美食に関して^^




箱根の晩餐は、芦ノ湖畔「箱根ホテル」のレストラン「イル・ミラジィオ」でいただきました。

b0199199_0595484.jpg


笑い味には珍しく、フレンチのコースです

至極庶民的な味覚でフレンチには全く精通しない笑い味ですが

そんな私の素朴なリポートをお届けします。

056.gif箱根ビール
b0199199_0512758.jpg

軽くて飲みやすかったけど、残念ながら市販されていないんだとか
ホテル内でいただけます

056.gifアミューズ・ブーシュ
b0199199_0521491.jpg

ワカサギパスタを揚げた物。
パスタを釣竿に見立て、「ワカサギを釣ってあげてくださいね」スタッフの粋なアドバイス
残念ながら魚の顔を食べられない笑い味は諸手を挙げてぼりぼりとは
食べられなかったのですが、香ばしくておいしくて、そして楽しい一品でした

056.gifずわい蟹のレムラード レモンクリームソース
b0199199_0524858.jpg

ずわい蟹のほぐし身の上にラディッシュみたいなスライスが敷き詰められて
そのほどよいしゃきしゃき感を酸味のあるソースがさらにピシっと〆る感じ。
まわりのかわいいドットはホウレン草って言われた気がする
この苦味と酸味が合って美味


056.gif秋のコンソメスープ
b0199199_0532044.jpg

黄金色に輝くスープに、銀杏、エノキなどキノコのが入って秋の香りが漂う
まさに「輝く」スープに、秋の贅沢を頂いた気持ちに浸れた


056.gif甘鯛のうろこ焼 白身魚と小海老のクネル

揚げた海老を殻ごと食べることがあるけど、あの食感
カラッと焼かれたうろこ付きの鯛を、そのまま「シャカシャカ」いただく
同行者は食べにくいって言ってたけど、海老の殻よりはやわらかいしよく言えばそれを楽しむ感じかな。
海の幸オシャレ盛り!って感じやったのに、写真撮ってなかった・・残念・・・

写真を忘れるくらい、ワイン、パンと合わせてゆったり食べ進めます。

056.gif和牛フィレ 柚子胡椒添え ジャンボ・マッシュルームとともに
b0199199_0553437.jpg

クリスマスツリーの絵みたい
小ぶりだけど肉厚なフィレステーキ。外はカリカリ、中ジューシーなそこに
柚子胡椒を加えることで程よいピリっとさで重い肉もさらっと食べられる
初めてみたけどこぶし大の「ジャンボ・マッシュルーム」も美味!
シイタケ以上のでかさにエリンギに近い食感で、味はマッシュルーム
マッシュルーム好きには新たな秋の楽しみ!?を発見した感じでした。
ジューシーですし。

一緒に行った同行者とはイギリスを一緒に旅したこともあるのですが
ロンドンのB&B(ベッド&ブレックファストという英国式民宿のような宿)の
イングリッシュブレックファストを思い出すね、と話していました。

そういえば、イギリスはイングリッシュブレックファストでやたら
でっかいマッシュルームやソーセージや豆を食べていました。

うーん、柚子とマッシュルーム 和洋の融合ですね。


056.gif柿のピュレとソルベ、ヨーグルトムース
b0199199_0565750.jpg

柿の大人な甘さが伝わるソルベ
秋ってモンブランや甘栗みたいなコテコテの甘さを持つ栗だけじゃなくて
こっちのずーんとくる渋い甘味=もあったな、と和のフルーツを忘れるでない
と認識させてくれるスイーツでした。


見た目もとても素敵で、和の食材をフランス料理にされていて
NHKアサイチのイタリアンシェフが鯖料理とかに四苦八苦されながら
アレンジされているのを思い出しました。
和の食材が生かされていて、を感じられる、素敵なコースでした^^
と、薀蓄は何も語れませんが一庶民のつたない感想でした003.gif




マナーはどうやらどんなワインがいいやらやなにやらで気を遣うイメージのあるフレンチですが

あまり目先のルールに縛られず、目の前の旬の食材を自分の感性で楽しむ

本来はそんなことが大切なんでしょうね。

笑い味もそんな余裕が出るくらい慣れてみたいもんです。

箱根ホテルは、伝統のカレーやコンソメスープ、そして趣深い建物で知られる「富士屋ホテル」系列なので、朝・昼のブッフェラインにもカレーが並んでいてそちらも美味でした。

朝から昼からレストランは人でごった返していました。

海賊船港関所跡駅伝ミュージアム から徒歩数分という好アクセス

小田原駅からの送迎バスも無料、と利点も多く、

温泉、というよりはホテルステイ自体をゆったり楽しむ派の方にはお勧めできるホテルでした^^♪


夜、レストランの向かいに見えるウエディングのガゼボ
b0199199_104729.jpg

猫ちゃんがめっちゃ人馴れしてた
[PR]



by flavor-of-laugh | 2012-11-21 00:41 | 食の記

「旅」と「写真」と「食」が好き=極一般的女子 笑い味 が「変」を求めて日々暮らす記
by flavor-of-laugh
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ニューデリー
旅行口コミ情報







◆ランキングに参加しています
笑い味の元気の源に、クリックいただけると幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

◆お気に入りンク
ポパイカメラ
albus写真ラボ
本の町
丸の内カフェ
JICA地球ひろば
世界のCMフェスティバル
OLYMPUS
カメラ日和
KITSH KITCHEN
visit Liverpool
eightups

◆笑い味の日々 頻出用語
〇片付け武将
:片付け不精な人(鍋奉行的なプラスの意では無い)
片付けを始める前の意気込みとして反対に片付けに精を出す人という意で使われる場合も有り
〇ひとりラーメン女子
:ひとりでラーメン屋の暖簾をくぐり、臆すること無く恥じること無く、声高らかにオーダーして食する女子
〇SHAKE状態
:明日は休みだ、仕事もない と某アイドルグループの名曲になぞらえて休日前夜に気分を高揚させる様

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧